志村けんさんを悼む。

オレ流近況報告
スポンサーリンク

 日本お笑い界の大御所中の大御所である、志村けんさんがお亡くなりになりました。それはかなりの衝撃を日本全国に与えましたが、その死因が流行の新型コロナウィルスに端を発しているというところが、その衝撃にさらに輪をかけています。あっという間という表現があてはまってしまいましたからね。

 私は志村世代といってもいいくらい、幼少期を志村けんどストライク状態で過ごしてきたので、やはり驚きは大きかったですし、あっけなさすぎる、という非現実感も同時に感じていたりしています。また、高齢者にとっての新型コロナウィルス感染がいかに危険であるかとの認識を強く感じました。

 そのような現実の中、やはり思い起こされるのが、ブラウン管越しに見た彼と、自分とのかかわりです。物心ついたころに彼はすでにコメディアンとして人気者となっており、私も当然のように彼に魅了された幼年期を過ごしました。

 土曜日の夜8時は6チャンネル(TBS)一択です。『8時だョ!全員集合』の軽快なオープニングに胸を躍らせながら、今日はどんな面白いことをしてくれるのかなと、テレビの前にかじりついていたものです。

 私がリアルタイムで笑わせてもらったギャグには

  • 東村山音頭
  • あんだバカヤロー
  • おこっちゃや~ヨ
  • カラスの勝手でしょ~
  • ヒゲダンス
  • ジャンケン決闘(最初はグー!)
  • 志村うしろ~っ!

などがあります。どれもこれも印象深いのですが、一番衝撃的だったのはヒゲダンスでしたね。タキシード姿で潤沢なヒゲを生やした彼が、リズミカルなベース音にのって上下ダンスをするだけで、つかみはOKでした。

 そして無声コメディとでもいうんですかね、表情とボディランゲージだけで笑いをとるというスタンスがとても新鮮で、子ども心にもセンスいいな~と思いましたから。

ドリフ ヒゲダンス集

 おそらくちびっ子相手のギャグというのは、うんこちんちん系が鉄板であったところに、テクニカルなボディコメディを披露してきたことに、幼児ながら新しい衝撃を受けたんでしょうね。いやホント、あのヒゲすごく欲しかったですから。

 あと『全員集合』のコントで今でも面白くて印象に残っているのが、学校コントです。いかりや長介が先生役で、他の4名がアホな生徒役を演じ、女生徒役を当時のアイドルが固めるという役割分担です。そのくだりで長さんが以下の質問を投げかけます。

男子と女子の違いには、どういったものがあるかな?

 これに対し、女生徒は「男子は力が強くて、女子はか弱い」とか、「男子はがさつで女子は丁寧」みたいな、ありきたりな答えを言うのですが、男子役のドリフの面々は「それもあるけどさ~」とか、「そうだけどさ~、もっとわかりやすいのがあるじゃん」と、難癖をつけるわけです。

 皆さんご想像の通り、彼らは「股間の一物のあるなし」を暗に言っているわけです。真面目な答えしか言わない女生徒を、下ネタに引きずり込みたい男子生徒を全身で表現することで笑いの下地を作っていき、それが頂点となったところで、とうとう志村が発言権を得るわけです。そして彼が言った答えが

ヒゲ!

であり、クラス全体がひっくり返るという強烈なオチでした。これは今でも強烈に印象に残っています。思い返しただけでも何度でも笑えますね。

 このように、彼は4人いるドリフのボケ役の中でも、真打のボケというか、トリのボケ担当を見事にこなしていました。それだけに、子どもたちにとって彼は特別な存在であり、カリスマたりえたわけです。

 また、彼の芸風というのは、とことん子ども目線だった気がします。彼の笑いというのは、権威を茶化す笑いだと思うんです。簡単にいうと、威厳ある先生を小ばかにする、親を小ばかにする、といった芸風です。

 もちろんこれは教育上どうかといわれれば、あまり褒められたものではないのですが、偉い人を引きずり下ろすという行為は、子どもの無意識下にある欲望なのかもしれません。逆らってはいけない、という状況でその緊張を壊す彼の行動が、子どもたちにとっては、ある種のカタルシスだったのではないのでしょうか。だからこそ、彼は子どもたちの人気を一身に集めることができたのではないでしょうか。

 ただこれは裏を返せば、いかりや長介が絶対的な権威をもつ、大人のアイコンを演じていたからこその結果であるともいえます。ですのであのカリスマ的人気は、いかりや長介と志村けんが表裏一体となってこその産物だったと、今にして感じるのです。そう考えると、いかりや長介もすごい人だったんだな、とあらためて思いますね。

 それだけに、一時代を築いた人、特に幼少期に大きく影響を与えた人が亡くなるというのは、過去の楽しい思い出を削り取られるような気分ですね。なんでコロナが彼に近づいているときに、「志村うしろ~っ!」って誰も言えなかったのかなあ。

 謹んでご冥福をお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました