キャプテン翼

スポンサーリンク
オレ流ジャンプアゲイン

1984年(昭和59年)第1・2合併号

表紙 解   説 連載200回突破記念のDr.スランプが表紙です。最近であれば200回連載作品など珍しくないのですが、当時はけっこうな長期連載作品として扱われました。キャラクターが手芸作品ぽく演出されているのも、...
オレ流ジャンプアゲイン

1983年(昭和58年)第27号

表紙 解   説 前作『やぶれかぶれ』が短期連載で終了し、満を持しての本宮マンガの新連載『天地を喰らう』が表紙です。 この当時の編集部の本宮ひろ志の扱いは、まだまだ最上級待遇でした。3週連続の巻頭カラー、さ...
オレ流ジャンプアゲイン

1983年(昭和58年)第4号

表紙 解   説 ラッキー通しナンバーという企画ができたのって、この年だったような気がします。残念ながら当選したことはありませんが(苦笑)。ちなみにこの年のプレゼントの目玉は『ジャンプオリジナル スタジアム・ジャ...
オレ流ジャンプアゲイン

1982年(昭和57年)第46号

表紙 解   説 この1982年46号こそが、私が初めて購入したジャンプでした。それまでは友達の家で読ませてもらってたんですけどね。この号以来、10年を超えるジャンプとの付き合いがはじまります。個人的には記念すべ...
オレ流ジャンプアゲイン

1982年(昭和57年)第36号

表紙 解   説 表紙はなんと本宮ひろ志。このとき連載していた『やぶれかぶれ』の主人公が本宮ひろ志自身だったから、一応マンガキャラが表紙ということになるのか? でも作者がピンで表紙を飾るってけっこう斬新だよなあ。...
オレ流ジャンプアゲイン

1982年(昭和57年)第27号

表紙 解   説 全国少年サッカー大会編で、人気をグングン伸ばしていたころの、『キャプテン翼』です。当時は準決勝の第一試合の真っ最中でした。イラストは奥から、武蔵FC三杉淳・南葛SC大空翼・明和FC日向小次郎となってい...