靴のインソール、あなどれじ。

オレ流近況報告
スポンサーリンク

 通勤で履く靴というのは、自分の足と相性が合わないとけっこう悲惨で、履けば履くほど足が疲れるとか、会社に着いたらサンダルに履き替えてしまう、なんてことがよく起こるものです。それが高価でデザインも気に入った靴だとしたら、かなり不幸ですよね。

 せっかく気に入って購入したのに、その履き心地の悪さのせいで、履くことにストレスを感じる場合も生じてきます。「あ~、今日のスーツには絶対この靴が似合うんだけど…履きたくねぇな」みたいな(苦笑)。そして徐々に使用頻度が下がっていき、最悪お蔵入り、なんてこともあります。

 私も2、3足ほど、そのような通勤靴がありました。でもそれなりに我慢してローテーションしていたんですね。ストレスを抱えながらも。ただ昨年『ハイドロテック・アクティブライトビジネスシューズ』という、素敵すぎる快適ビジネスシューズに出会い、その悩みは解消されました。

 これはホントに履き心地がよくて、特にインソール(中敷き)のクッションがたまらなく快適なんです。だからこの靴がローテーションの日には「よっしゃ、今日はハイドロの日だ」なんて朝から心躍るくらいで(笑)。

 ただそれだけに、ストレス靴との差がより顕著になってしまい、ストレス靴がローテのときには以前より気持ちが沈む、なんてことに。さらには、ローテの日なのに敬遠されるという、お蔵入りモードに片足を突っ込んでしまう結果になってしまいました。

 でもこれだとせっかく購入した靴がもったいないですよね。そこでなんとかならないかな~と常々思っていたところに、超お気に入り靴である 『ハイドロテック・アクティブライトビジネスシューズ』 で使用されているインソールが、それのみで販売されていると知りました。『PEDI PILLOW』という商品です。

 さっそく購入し、ハサミでチョキチョキして大きさを合わせ、ストレス靴に設置して履いてみました。すると…生き返りました。マジで(笑)。ストレス靴が、かなり快適化されたんです。ちょっと感動でしたよ。

 もちろん『 ハイドロテック・アクティブライトビジネスシューズ 』 と同等にはならないんですけどね。あっちはインソール以外でもあらゆる部分で快適処理がされているので。でもハイドロ…を100点とすると、10点だったストレス靴が、70点くらいまでには回復しましたよ。少なくともローテの日に敬遠するとか、ストレスを感じるということはなくなりそうです。

 こんな感じで、とても優れたインソール 『PEDI PILLOW』 ですが、強いて問題点をあげれば、それなりに厚みがあるインソールなので、靴の中に入れると中の空間が狭くなり、前より確実にきつくなるキライがあります。通常時にキツめの靴だと、下手したら履けなくなる可能性すらあります。

 ですので、ややゆとりのある靴に利用した方がいいかもしれません。タイトな靴よりは幅広の靴に利用するとか。ただこれってどんなインソール商品でも同じだと思いますけどね。

 まあとにかく私としては、ストレス靴が再生されてうれしい限りです(笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました