F1バルセロナテスト総括。

オレ流近況報告
スポンサーリンク

 前後半3日ずつ、計6日間のテストが終了しました。各チーム新車の具合をあれこれ試し、ある程度のアタックラン(本気走り)を行ったようです。この時期に一発のタイムシートであれやこれや言うのはあまり意味がないのですが、どうしてもやりたくなっちゃう(笑)。というのも、ホントにある程度、うっすらとは勢力図が見えるからです。というわけで、とりあえず結果一覧です。

順位ドライバーチームタイムタイヤ
1バルテリ・ボッタスメルセデス1分15秒732C5
2マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1分16秒269C4
3ダニエル・リカルドルノー1分16秒276C5
4シャルル・ルクレールフェラーリ1分16秒360C5
5ルイス・ハミルトンメルセデス1分16秒410C5
6エステバン・オコンルノー1分16秒433C5
7セルジオ・ペレスレーシング・ポイント1分16秒634C5
8カルロス・サインツマクラーレン1分16秒820C4
9セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分16秒841C5
10ジョージ・ラッセルウィリアムズ1分16秒871C5
11ダニール・クビアトアルファタウリ・ホンダ1分16秒914C4
12ロバート・クビサアルファロメオ・レーシング1分16秒942C5
13ロマン・グロージャンハース1分17秒037C4
14ピエール・ガスリーアルファタウリ・ホンダ1分17秒066C5
15キミ・ライコネンアルファロメオ・レーシング1分17秒091C5
16ニコラス・ラティフィウィリアムズ1分17秒313C5
17ランス・ストロールレーシング・ポイント1分17秒338C4
18ケビン・マグヌッセンハース1分17秒495C5
19アレクサンダー・アルボンレッドブル・ホンダ1分17秒550C4
20アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ・レーシング1分18秒035C5
21ランド・ノリスマクラーレン1分18秒454C3

 やはりトップは王者メルセデスですね。ですがエンジンの出力モード、燃料をどれだけ積んで走っているか、タイヤの種類の違いでかなりタイムは変わってきます。タイヤの種類というのは、C4とかC5とか書いてあるやつがそれで、簡単に言うと、数字が大きい方が速く走れます。

 つまりC3やC4のタイヤをはいているマシンはまだ伸びしろがあるということで、それを補正した表を作成しなおしました。C4⇒C5タイヤに変えることで、0.45秒のゲインがあるという想定です。

順位ドライバーチームタイムタイヤ
1バルテリ・ボッタスメルセデス1分15秒732C5
2マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1分15秒819C5※
3ダニエル・リカルドルノー1分16秒276C5
4シャルル・ルクレールフェラーリ1分16秒360C5
5↑カルロス・サインツマクラーレン1分16秒370C5※
6ルイス・ハミルトンメルセデス1分16秒410C5
7エステバン・オコンルノー1分16秒433C5
8↑ダニール・クビアトアルファタウリ・ホンダ1分16秒464C5※
9↑ロマン・グロージャンハース1分16秒587C5※
10セルジオ・ペレスレーシング・ポイント1分16秒634C5
11セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分16秒841C5
12ジョージ・ラッセルウィリアムズ1分16秒871C5
13↑ランス・ストロールレーシング・ポイント1分16秒888C5※
14ロバート・クビサアルファロメオ・レーシング1分16秒942C5
15ピエール・ガスリーアルファタウリ・ホンダ1分17秒066C5
16キミ・ライコネンアルファロメオ・レーシング1分17秒091C5
17↑アレクサンダー・アルボンレッドブル・ホンダ1分17秒100C5※
18ニコラス・ラティフィウィリアムズ1分17秒313C5
19ケビン・マグヌッセンハース1分17秒495C5
20↑ランド・ノリスマクラーレン1分17秒554C5※
21アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ・レーシング1分18秒035C5

 赤い数字のドライバーが、ランクアップしたドライバーです。※印は想定C5タイヤという意味でです。

 補正タイムシートを見ますと、レッドブルがメルセデスに肉薄していることが見て取れます。ここからも、今年はいい勝負できるんじゃないの? という希望的観測が生まれるわけで(笑)。そしてルノーのリカルドがフェラーリを食って3位。相方のオコンもリカルドにコンマ2しか離れていないので、ルノーはなかなか調子がいいのではないか、との予測が立ちます。

 そして3強の一角であるフェラーリですが、ライバルのメルセデスとレッドブルからは大きく差が開いたという印象になっています。どうも本気で調子が上がっていないようで、このままだとルノーなど、ミッドフィールドのチームに食われかねない懸念まで出ていますね。遠大な三味線かもしれませんが(笑)。

 そんなアップセットも期待できそうなミッドフィールドですが、ここ数年の流れを受け継いだ激戦区となっています。1秒以内にほとんどのチームがひしめき合っており、どこが抜け出してもおかしくない状態です。

 今年は2019シーズンでドンケツだったウィリアムズもギャップを縮めてきた感があり、さらなる中盤戦国時代になりそうですね。そんな中でもルノー、マクラーレン、レーシングポイントあたりが中盤の上位に位置しそうかな…? アルファタウリ・ホンダも悪くないので、その後のアップグレードによってはいい線いくかもしれません。

 でも不気味なのがレーシングポイントですね。“ピンクメルセデス”と揶揄されるくらい、昨年のチャンピオンカーをパクってきたことでパドックを騒然とさせたのですが、テストを見る限り意外と、いや、かなりいいらしいです。タイムシートではちょうど真ん中ら辺なのですが、まだ実力を隠しているともっぱらの噂なんですよ。というわけで、このチームも下手すりゃフェラーリ食いがありえると言われ始めています。

▲とても分かりやすい合成比較写真。左が今年のレーシングポイント、右が昨年のメルセデス(笑)。

 そんな感じで2020シーズン第1戦・オーストラリアGPも来週末まで迫ってきました。コロナウィルスの影響で延期 or 中止のシナリオもありますが、無事に開催してほしいです。楽しみだなあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました