第34回 ジェシー・メイビア

オレ流超人批評
スポンサーリンク
カメハメを倒したハワイの英雄。返し技の名手がもたらした、キン肉マンのターニング・ポイントとは?
出身ハワイ
超人強度85万パワー
必殺技フロント・スープレックス
各種返し技
カナディアン・バックブリーカー
主な戦績カメハメ○
キン肉マン●
ジェロニモ●

 世界チャンプになり、ワールドサーキットに繰り出したキン肉マンの、最初のライバル(関門)がこのメイビアでした。彼はのちにキン肉マンの師匠・そしてキン肉マングレートとなり大活躍するカメハメを倒してハワイのタイトルを奪い、地元では英雄としてその名声と地位を不動のものにしていました。

 その性格は派手好きというか、目立ちたがり屋というか、このあたりは主人公であるキン肉マンとかぶっていますね。人工太陽に乗って入場するシーンなど、作品内の数ある入場シーンでも派手な部類に入ると思います。

 しかも「影武者」の衣装で静的なオリエンタルムードを醸し出し、好評を博したキン肉マンの入場に対しても「あ…あのヤロウ~~~~」と嫉妬心をむき出しにしているあたり(笑)、かなり自己顕示欲の強い性格であると思われます。

※注)このくだりについてはメイビアの付き人だったカメハメが、彼を裏切りキン肉マンのセコンドについたことに対する「あのヤロウ~」という意味だったとのご指摘あり。その通りだと思います(苦笑)。

 また、若いくせに専用のジムを経営し練習生を多数抱えていたり、地元のプロモーター(デューク・カマタ)と蜜月関係を築いていたりと、本職のレスリング以外での経営手腕もなかなかのものがあります。青年実業家といったフレーズがしっくりくるキャラでしたね。

 引導を渡した相手(カメハメ)を付き人に任命するなど、ある種残酷な性格を持っているといえますが、そういった非人情的で相手の気持ちを気にしない厚顔さなどが、かえって彼の思いあがりというか天狗ぶりを強調し、キン肉マンとの対比をクッキリと浮かび上がらせています。

 いうなれば、メイビアVSキン肉マンの試合というものは、「イケメン青年実業家VSブサイク落ちこぼれ世界チャンプ」という図式を縦軸に、カメハメを媒介とした、「非人情合理主義者VS人情浪花節主義者」という図式を横軸にした対決だっともいえるでしょう。当然のことながら後者が前者の鼻っ柱をヘシ折るという展開に読者は気分をよくするわけです。

 彼の実力については正直な話、測定しづらい部分があります。あのカメハメを破ったという実績は評価に値しますが、その返し技を主体としたレスリングスタイルに力強さが感じられないこと、オリジナルのフィニッシュホールドがクリープを入れないコーヒーくらい一味足りないこと(笑)、また、キン肉マンの挑発に簡単にのってしまう精神的な若さがみられることなどを総合すると、まだまだ発展途上の超人だったといわざるを得ません(発展途上の段階でカメハメを破っているところだけは突出して末恐ろしいですが…)。

 ただ「返し技」という個性をさらに追求し、それを締めくくる大技をマスターすれば、もっと活躍ができたキャラだったのではないでしょうか。バッファローマン等のパワー超人に対して軽業師的な返し技を連発するメイビアなんて、けっこう魅力的ですよね。実はザ・ニンジャの『順逆自在の術』を密かに披露してますし(キン肉マンのオクラホマ・スタンピートを返したアレね)。イケメンだっただけに、正義超人のレギュラーになるチャンスもあったのではないでしょうか。

 もう一つ、彼の業績で評価できることは、キン肉マンのファイトスタイルのターニング・ポイントをつくったということです。彼に見下されたことで発奮したキン肉マンはカメハメに弟子入りし、今後の彼のファイトスタイルの核となる「48の殺人技」をマスターする結果になりました。

 このメイビア戦からキン肉マンの試合運びは明らかに変化をしており、それまでは格闘技術うんぬんよりも、運のよさで勝ち進んできた感がありますが、この試合からは確固たる格闘技術に加え、自分自身で試合展開を考え、問題点を追求し、しかも相手を罠にめることで試合を決めるという、これまでとは打って変わった高等戦術を披露しています。

 つまりこの試合が“ファイター・キン肉マン”としての出発点であり、その後の飛躍への礎になった記念すべき試合でもあるのです。もちろん新生キン肉マンをプロデュースしたのは師匠であるカメハメですが、その原動力となったライバル・メイビアの存在も大きく評価してあげたいとオレは思っています。

※今回はmizupinさん、ポデギさん、Tohyamaさん、北海道のパン屋さん、ディープインパクトさんほか、たくさんの方からリクエストをいただきました。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました