第19回 悪魔将軍

オレ流超人批評
スポンサーリンク
悪魔を統べる恐怖の将! その能力は最強クラスか? そして、将軍とは一体何者なのか!?
出身天上界
超人強度1500万パワー
(1000万?)
必殺技地獄の断頭台
地獄の九所封じ
地獄のメリーゴーランド
主な戦績バッファローマン○
キン肉マン●

 悪魔将軍は、2シリーズ続いた悪魔超人編の最後のボスとして登場しました。オレはてっきりサンシャインがボスだと思っていたんで、真のボスとして彼が登場したときはびっくりしましたね。いや~単純すぎて恥ずかしいです。でも当時は小学生だったんで、大目にみてくださいな(笑)。

 彼に対する印象というと、「とにかく強かった」これに尽きますね。ひょっとしたら『キン肉マン』史上でも最強なんじゃないかなあ。オレが思うに、彼ほど『攻撃力』と『防御力』が揃って破格に強かった超人もいなかったですね。特に防御力は特筆すべきものがありました。彼のボディには

  1. 軟体機能(くにょくにょしてどんな技もスルリと抜けられる)
  2. 硬度調節機能(逆に体を硬くして、堅固な攻撃と守備をする)
  3. 中身ががらんどう(実体のない幽霊超人のため、体を傷つけても無意味)
  4. 痛みを感じない体(つまり宇宙にある全ての技に耐えることができる:将軍サマ談)

というとんでもない特徴があり、この特殊性のおかげでほとんどの技が効かないんですよ。その中でも硬度調節機能は読んでいるこっちも、その硬さにうんざりしましたね。

 彼は自分の体をヘビのような軟体から、ダイヤモンドの硬さをもつ体まで、自在に調節できるんですね。硬度7のエメラルドボディ、硬度9のサファイアボディ、そして硬度10のダイヤモンドボディといったかんじです。とっても理科の勉強になりました(笑)。

 キン肉マンはこのかた~い将軍サマのボディにさんざん手を焼くわけです。なんたって汗までダイヤの滴ですからね、将軍サマは。しかも実体がない、中身ががらんどうのボディなので、どんな攻撃ものれんに腕押しです。

 そんな絶対防御に近い防御力に加え、『地獄の断頭台』、『地獄の九所封じ』と強力な攻撃技が目白押し。九所封じで体のあらゆる部分を破壊して、残った首に断頭台。エグすぎます(笑)。

 結局バッファローマンが身を投じて将軍サマのボディになりかわり、上記のボディ特性がなくなったおかげで、なんとかキン肉マンは勝てたようなものですからね。つまりそういった外部の協力がなければ、彼には勝てなかったというわけですよ。そんなところにも、将軍サマ最強論の裏づけがあるわけです。

 そんな将軍サマに対して、オレが常々疑問に思っていることがあるんです。それは彼の正体についてなんですね。いやいや、もちろん将軍サマの正体が、大魔王サタンと結託した闘いの神・ゴールドマン(黄金のマスク)というのは百も承知なんですが、ゴールドマンが将軍サマになったのは、この『黄金のマスク編』が始まったばかりの、ホントに近々のことじゃないですか。自作自演の狂言誘拐で(笑)。

 しかし『キン肉マン』及び『キン肉マンⅡ世』という作品を読んでいると、どうも将軍サマは太古の超人界から存在していたフシがあります。バッファローマンも

<span class="fz-12px">バッファローマン</span>
バッファローマン

昔は将軍サマによくスパーリングをしてもらった

なんてことをいっていますし、太古の正義超人もかなりの人数が将軍サマの餌食になっていたらしいですし。でもそうなると、ゴールドマンが正体の将軍サマとは時間軸がどうしてもズレてしまうんですよ。つまり

「キン肉マンと闘った将軍サマ(ゴールドマン)≠昔の将軍サマ」

という図式がどうしても生じてしまうんです。この矛盾をなんとか解消しようとオレが考えた仮説が

「悪魔将軍はその時代時代によって異なる人格を持って存在している」

というものでした。将軍サマのボディを桶として、時代時代で様々な人格が入れ替わっていると。キン肉マンと対戦したときは、たまたまその人格がゴールドマンであったと。

 そんな苦しい仮説を展開していると、さらにわからない疑問が生じるんですね。それは魔界のプリンスであるアシュラマンと将軍サマとでは、一体どっちがえらいのかという悪魔界ヒエラルキーの問題なんです。作品中では明らかに

「将軍サマ>アシュラマン」

という描写なんですが、よくよく考えてみると「将軍」とは、軍隊の長として王様から任命されてはじめて「将軍」たりえるんですね。つまり「将軍」とは王様に軍を任された家来なわけですよ。そう考えると

「アシュラマン(王子)>将軍」

という図式の方が正当なんではないかと。なのに作品中では将軍サマの方が、絶対的に格上なんですよ。魔界の王子のくせに、アシュラマンは彼に頭が上がらないんですね。王族が家来筋の将軍に逆らえないというのもいかがなものかと、オレは日夜頭を悩ましたのですが(もっと考えることあるだろ)、似たような例を見つけました。江戸時代です。天皇が徳川将軍に頭が上がらなかった、江戸時代です。

 そうなんです。魔界はずっと江戸時代なんです。ちょっとビックリでしょ? でもそれしか考えられない…って、なんで作者・ゆでたまごの矛盾だらけな設定の尻拭いをこんなに必死でしなければならないのかが、自分でもよくわかりません(笑)。

※今回はこば屋さん、福さんからリクエストをいただきました。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました