オレ流好き・嫌い

 

好き 男子・女子

 え〜っと、タイトルの意味合いはですね、いわゆるローティーン(中学生以下くらい)の子供のことなんですけどね。「男子・女子」という呼ばれ方というか、カテゴライズがしっくりくるような年代の。あれ?ちょっと変態チックなニオイが立ち込めてる?もしかして(苦笑)。

 いや、ロリコンとかそういったことじゃなくてね、小・中学生くらいの年代の子って、見ていると微笑ましいんですよ。例えば先日行った近所の七夕祭りですが、夏休みを前にたくさんのガキンチョが来てたんですね。幼稚園児や小学校低学年と思われる子供は両親に手を引かれて、浴衣やらじんべえを着ていたりしていて。これがまたかわいらしいんですよ。興味深々で短冊に願い事を書いたりしてね。とても楽しそうなんです。

 小学校5〜6年生くらいになると、友達数人で遊びに来ているんですが、夏らしい格好に日焼けした肌で、カキ氷なんかをお小遣いで買って食べながらはしゃいでいるんです。いかにも小学生ってカンジで、その楽しそうで純粋なオーラに、見ているこっちまでニコニコしちゃうというか。ああ、小学生ってこういうもんだよね〜って。同じクラスの男子が女子にちょっかいだして追いかけっこしてる風景とかさ、もうたまらなく“らしさ爆発”で(笑)。恋愛前の通過点というか、男女の性を意識しはじめつつも、まだまだ子供らしさが漂うコミュニケーションっつーのかな。その辺の絶妙なバランス具合ですか、それがまた微笑ましい(笑)。あれはあれでお互いけっこうドキドキなんだよなあなんて思っちゃったりしてさ。

 中学生もいいね。ちょっとしゃれっ気が出始めた頃の、グループ交際チックな男子・女子なんて最高(笑)。現時点でできうる精一杯のオシャレをしてね。地元の夏祭りに出かけちゃったりしてさ。お互いを探りあいながらのドキドキコミュニケーション(なんだこの表現・・・)。いいなあ。でも微笑ましいのはここまでなんだよね。これ以上いっちゃって、肉体的なコミュニケーションまで発展しちゃうと、もう別カテゴリーみたいな(笑)。別に肉体的コミュニケーションを否定するわけじゃないけど、このくらいの年齢まではプラトニックな“男子・女子”でいてほしいという願望があるというか。微笑ましくなくなっちゃうからさ(笑)。

 こういった視点で子供をみるようになったのは、やはり自分に子供が生まれてからですね。街中の子供をみる注目度が変わりましたよ。自分の子供にも“男子・女子時代”を満喫してもらいたいなあと。そんな想いから、道行く子供たちを観察し、自分の子供に照らし合わせているのかなあ。また、逆にそんな少年時代を振り返り、自分自身がノスタルジックな気分に浸って楽しんでいるのかもしれませんね。

(2007年7月8日)

 

 

 

 

 

次の好きにすすむ

トップにもどる

好き・嫌いのトップにもどる