オレ流好き・嫌い

 

嫌い スネオの親

 これは生粋の庶民であるオレの、「裕福な人々」に対するひがみといわれたらそれまでなのだが、ちょっと書いてみたいと思う。 

 うちの会社の社長というのはいわゆる二代目で、悪くいえばボンボンである。その経営手腕等はなかなかのものだとは思うのだが、社員に対する待遇は、お世辞にもよいとはいえない。あまりにも合理的な考えが優先されてしまい、いわゆる人情味に足りないのだ。

 ほとんどの社員は少ない給料をやりくりして家や車のローンを払ったり、子どもを養育したりしている。長引く不況のあおりを受け、収入は目減りし、生活はどんどん逼迫(ひっぱく)している。そんな状況はお構いなしに、会社の業績が悪ければドライに社員の年収を削ってしまう。

 もっとこう社員を気遣った行動を少しは見せてもらいたいのだが、その気配もない。甘い考えなのかもしれないが。問題なのは社長と社員の、生活レベルの違いによる意識のズレなのだ。

 子どものころから裕福な環境で育ってきたであろう社長に、庶民感覚や生活レベルを理解してもらうこと自体が無理なのである。経験をしたことがないからだ。そのことで社長を責めるのは気の毒である。社長の育った環境というのは、社長がどうにかできた問題ではない。それは社長の親がつくった生活環境である。

 そのために社長は「庶民感覚」を体得する機会を得られなかった。この「庶民感覚」というものは、世の中の大半が庶民で占められている以上、非常に大事なものだとオレは思う。その意識の違いのために、他人の反感を得てしまったり、経営者ならば社員に嫌われてしまったりと、本人の気づかないところで評判を落としかねないのである。

 ではその「庶民感覚」を得る機会を奪っているのは誰なのか。それがタイトルの「スネオの親」なのである(長かった!)。

 人間成功すれば、当然その生活レベルが上がるはずである。そりゃ誰だって広い家に住みたいし、いい車に乗りたい。それは至極当然のことである。資本主義社会の基本だよね。「自分で稼いだ金を、どう使おうが勝手だ!」というのもうなずける。ただオレがいやなのは、その高い生活レベルを自分の子どもにも適応させようとする親なのだ。

 人間というのは、育った環境がかなりその人格形成に影響する生き物である。もし親がその子どもに対して盲目的に金品を注いだとすると、欲しいものはすぐ手に入れたがる、こらえ性のない人間に育つだろう。努力して裕福になったのはその親のはずであるのに、子どもはその潤沢な資産(もしくはお金)を、自分のものでもあると勘違いをするであろう。

 これでは「庶民の感覚」が育ちようがない。何をもって「裕福」か、「庶民」かと定義づけるのは非常に難しいが、ここでは便宜的に「裕福」を「スネオのような家庭」、「庶民」を「のび太のような家庭」とイメージしてほしい。スネオの家庭にはおそらく冷蔵庫に常に「ジュース」や「メロン」が入っているだろう。のび太の家では、おそらく何かの記念日や、親のご褒美でもないかぎり、そんなものは入っていやしまい。

 スネオは欲しいときにラジコンでもゲームでも、きっとパパが買ってくれるだろうが、のび太は誕生日かクリスマスといったイベントにせがむか、毎日肩たたきや手伝いをした駄賃を貯めて、やっとの思いでそれらを手に入れるしかない。

 つまり同じものを手に入れるにしても、苦労して手に入れたのび太のほうが努力する心を学べるし、苦労したからこそ、他人に対する思いやりも生まれると思うのだ。ただ与えられるだけのスネオでは、この感覚は学べないのである。

 ただこの場合も、悪いのはスネオではない。悪いのはスネオをそういう環境においたスネオの親なのだ。だからオレはお金持ちの人に敢えていいたい。子どもに贅沢させるなと。

 子どもがいないお金持ちはいいんです。どんな贅沢したって。自分で努力して稼いだお金だもん。使う権利があります。だけどもし子どもがいるならば、「庶民感覚」を植えつけるためにも、ぜひ贅沢を我慢してもらいたいんです。

 もしもオレが大金持ちで子持ちだとしたら、まず子どもに自分ちが金持ちということを明かさないね。平凡な家に住んで、庶民の暮らしを徹底させます。子どもに「うちはひょっとしたら、ちょっと貧乏なのかな?」なーんて思わせるくらいに演出をします。おもちゃもホイホイ買い与えません。いや、ケチじゃないんだってば。そのほうが子どものためになると思うんですよ、オレは。

 そんでもって、子どもが成人したあたりで「実は金持ちだった」とカミングアウトするわけ。子どもビックリみたいな。でももう「庶民感覚」がすっかり刷り込まれてて、後戻りできないみたいな(笑)。

 でもこんな想像している人って、絶対金持ちになんかなれないんだよね(笑)。やってみたいんだけどなあ。

 

 

 

 

次の嫌いにすすむ

トップにもどる

好き・嫌いのトップにもどる