オレ流好き・嫌い

 

嫌い ケータイの着信音

 日々の進化が目覚しいケータイ電話。いろいろ機能が増えて、ものすごいことになってるよね。松本人志じゃないけど、「なんか必死ですよね、最近のケータイ」ってカンジである。

 まあケータイがパーソナルな情報端末の中心として進化したので、それもいたしかたないのだが、一つ疑問なのは「着信音の意味」である。

 最近は40和音だ、着うただ、なんていって、その進化はとどまることをしらないが、これって必要なもんなのかなあ?

 いや、美しい音色で自分の好きな曲が呼び出し音になる、というのは確かに購買層の心をガッチリつかむ付加価値になると思う。オレも実際いろんな曲をダウンロードしてるし。しかもその曲を40和音で聴いて、にんまりしてるし。

 でもこういった「着メロ」って、個人の空間ではその素晴らしさを味わうことができるけど、いったん街中とか公共の場にでちゃうと、とたんにわずらわしくなるんだよなあ。

 例えばさ、オレがKinkiの『薄荷キャンディー』を着メロにしたとするじゃない? 音質も申し分なくてさ。気分いいよね、電話かかってくると。そうすると今度はその『薄荷キャンディー』を他の人にも聴かせたくなるのが人情ってものじゃん。オレの着メロ『薄荷キャンディー』だぜって。どう? いい音っしょ? みたいな。

 それで自慢の『薄荷キャンディー』を携えて、街中へくりだすわけだ。そんで電車にのってたら、偶然電話がかかってきて、大音量の『薄荷キャンディー』が車内を駆け巡る。自慢の『薄荷キャンディー』なのに、おそらくまわりの人はこう思うよね。

うるせえな!!早くでろ!

 これって哀しくない? 着メロがどんなに発達しても、他人にとっては騒がしい雑音でしかないんだよね。そう考えるとケータイの着信音って、究極の自己満足であって、個人スペース内でしか歓迎されないんだよなあ。たとえば家電(いえでん)としてケータイを使ってるとか、着メロを目覚ましにするとか、そういう使い方ならOKなんだけど、でもケータイってもんは外に持ち出してなんぼじゃん。でも外だと着メロの真髄を十分発揮できないっつーか。なんだろこの矛盾。

 あとたまにウケ狙いの着メロってあるじゃん。『サザエさん』とか『笑点』とかさ。これも街中で鳴ると、「おいおい、サザエさん鳴ってるよ」って心の中で突っ込みはいれるけどさ。本人が考えてるよりウケは取れないよね。というか、知り合い以外の人に聴かれたら逆に恥ずかしい。

 以上のことをふまえると、ケータイの着信ってやっぱバイブが一番、ってな結果に落ち着いちゃうんです。オレの中じゃ。それだけに着信音の進化を追求するメーカーって、なんか無駄な努力してる気がするんだよね。まあウォークマン的な用途も兼ねるなら、音質の向上もわかるんだけどさ。

(2004年1月17日)

 

 

 

 

次の嫌いにすすむ

トップにもどる

好き・嫌いのトップにもどる