オレ流好き・嫌い

 

嫌い お酒

 …あんまり飲めないんだよね。体質というか、遺伝というか、完全な下戸ってわけじゃないんだけど、苦手だなあ。

 お酒が好きな人っつーのは、お酒を飲むことによって楽しい気分になったり、気持ちよくなったり、または純粋にその味が好きだったりと、要はプラスの効果があるから好きなんだと思うのね。

 でもオレの場合、お酒の効果は吐き気だったり、頭痛だったり、眠気だったりすることが、とっても多いわけ。つまりマイナスの効果ばっかりなんだよなあ。眠気はまだいいんだけど、吐き気と頭痛はかなりいやなわけ。ほら、ゲロ吐くのってとんでもなくエネルギーつかうじゃない。できればゲロって、一生のうちでなるべく10回以内に抑えたいじゃん?(…10回の根拠は…?)

 では実際オレがどのくらいの酒量ならいけるかというと、ビールならがんばれば中ジョッキ1杯。理想はコップ1杯で十分。日本酒はほとんどダメ。おちょこ1杯もきびしい。サワー系もジョッキ1杯がいいとこかなあ。カクテル系は2〜3杯はいけるかも…。とまあ、こんな体たらくである。

 あとねえ、味覚的にもいまいち好きになれないのよ。ビールなんて最初の1杯はなんとなくうまいと思うんだけど、それ以降は苦いだけ。日本酒もうまくない。サワーは焼酎の量にもよるけど、濃いのはもうだめ。どっちかっていうと、カクテル系の、口当たりのよいやつ? ジュース感覚のやつ。これならまだなんとかってカンジ。でもこれって、味覚で騙されてるだけで、調子こいてグビグビいくと、やっぱり吐き気&頭痛地獄。

 4〜5年前なんだけど、会社の上司とちょっと飲んだわけ。そのときなんて、ビール中ジョッキ1杯と、ウーロンハイジョッキ1杯しか飲んでないのに、帰りの地下鉄の電車の中で立ちくらみのようにぶっ倒れ、池袋のホームで、電車のドアが開いた瞬間に嘔吐。片足ゲロまみれで難渋し、乗り換えた電車の中でもぶっ倒れた。

 こんなことはこの時限りだけど、確実にこの日以降、より酒量をセーブするようになったね、オレは。だってこえーもん。普通じゃないよ、これは。でもこれ以上セーブしたら、飲む分量ないよね、実際(笑)。

 余談だが、オレの大学の先輩の大辻(仮名)さんは、某大手酒造メーカーで、バリバリ営業していたのだが、そのあまりにすごい「飲みニケーション営業」のため肝臓がボロボロになり、20代にして内臓年齢80代という、とんでもない快挙をなしとげたらしい。退職後は内蔵年齢も多少若返ったらしいが。いやー、死んでるね。オレだったら間違いなく。

 でもね、ホントはうらやましいんだよ、お酒をおいしそ〜に飲む人って! すごく幸せそうだもんね。なんか人生の楽しみを、一つ損してるような気がしてさ。

 でもいいんだ。だってオレ、しらふで踊れるもん。

(2004年1月9日)

 

 

 

 

次の嫌いにすすむ

トップにもどる

好き・嫌いのトップにもどる