オレ流好き・嫌い

 

嫌い 最近のTVゲーム

 「嫌い」というよりは、「ついていけなくなった」といったほうが適切かもしれません。ゲームは好きなんですよ、間違いなく。そりゃあガキのころは狂ってやったもんさ。「ドラクエ」とかね。必死でパスワード写してたもん。

 ファミコン時代はよかったんだよね。ゲームに情熱をかたむけられた。でもスーファミまでかな…。俗に「新世代機」といわれるハードであった「プレステ」「ニンテンドウ64」「セガサターン」あたりから、なーんかモチベーションが落ちてきた。

 一番の理由は、社会人になって学生時代みたくゲームに時間を割けられなくなったという、物理的なものだと思うが、実はそれだけではないのである。

 なんかね、めんどくさいんだよね、ゲーム自体が。進化しすぎちゃって。最近とくに「メンドクせー」と思うのが、RPG。

 昔はそれこそキャラになりきって、夢中でレベルアップしたり、マッピングしたり、メモをとったりしていたが…。例えばあるRPGゲームをはじめたとするじゃないですか。するとだいたい「旅立ちの街」みたいなとこから始まるよね? その「旅立ちの街」のマップが広すぎんのよ。しょっぱなから。

 なんかもう、いきなり人はウジャウジャいるし、街は入り組んでるし、最近は高低差も表現できるから二階・三階もあるし…。オレはけっこう几帳面なので、すべての人と話さないと気がすまないし、街を隅から隅まで確認しないと気持ちが悪くてさ。なーんか重要な情報を見落としたり、隠しアイテムを取り忘れたりするとヤじゃん。でもそのためには時間をかけて、隅々まで歩かなきゃならんし、全然物語と関係ないセリフをはくキャラとも話さなくちゃならんし、タンスとか壷とかすべて調べなくちゃならんし…。もう「旅立ちの街」を出るだけで、小一時間かかります。さっさと装備整えて、冒険したいんですけど。

 また最近は3Dが当たり前で、画面がリアルでしょう。リアルすぎて逆に調べる対象がわかりずらいのよ。「これは宝箱かな?」なーんて思ったら、全然ちがったりして。昔は宝箱とかわかり易かったんだけどな。

 そこでこういう「旅立ちの街」はどうでしょう? まず、マップはテレビ一画面分におさめる。スクロールはなし。全体が把握しづらいから。町民は何人いてもいいけど、物語に有効なヒントをくれる人と、そうでない人を色分けしてわかり易くする。さっさと進みたい人は、ヒントくれる人とだけ会話。臨場感を楽しみたい人は勝手に他の人とも会話してってカンジ。逆にプレイヤーが街に入ったら、ヒントをくれる人のほうからプレイヤーに寄ってきて、並んでくれるとか。あ、これじゃゲームにならないか。

 あと最近のゲームはCGがすごくて、なんかお腹いっぱい。わかった、わかった、キレイですよ、リアルですよ、ってカンジです。とくにオープニングムービー。いらん! 長いんだよ。話の所々に入るアニメ。効果的なところ以外、いらん! うざい!

 オレはプレステ以降、この動きについていけなくなった。こういった美麗オープニングムービーを見ていると、はたしてこれはゲームなんだろうか? と思っちゃうんだよね。

 しっかし、このグラフィックの進化ってのは罪だぜ。一番の罪悪は、プレイヤーの想像力を働かせなくしたことかな。昔を思い出してごらんよ。「ドラクエ」の主人公にしろ、他のキャラにしろ、いい意味で「記号的」だったよね。まあ、ハードがそこまでの力しかなかったんだからしょうがないんだけどさ。でもその分イメージするのは自由だったよね。「主人公ってこんなカッコでこんな顔」みたいな。百人プレイヤーがいたら、百人の主人公がいた。これはすべてグラフィックがお粗末だったおかげだ。

 でもいまはポリゴン・テクスチャーバリバリでしょう? キャライメージがただの一つしか許されない。百人が百人とも同じ。つまらーん。グラフィックがリアルさを追求していけばいくほど、反比例のようにオレはゲームから冷めていく…。

 でも好きなんだよ、ゲーム。ホントは。でもついていけなくなってる。トホホ。

(2003年11月16日)

 

 

 

 

次の嫌いにすすむ

トップにもどる

好き・嫌いのトップにもどる