オレ流好き・嫌い

 

好き ヒゲぬき

 「ヒゲぬき」といわれても、よくイメージがわかない人も多いでしょう。普通ヒゲは剃るものですよね、はい。しかし世の中にはいるんですよ。ヒゲをぬいて処理する人が。少数ながら。

 まあ、女の子がワキ毛を毛抜きでぬいて処理するのと同じようなものです。しかしなぜ剃らないでぬくのが好きなのでしょうか?

 オレの場合、眉毛をぬいて処理するキレイ系ボーイズ、というような感覚からぬいているわけではありません。これはもう、完全にストレス解消のためです。あるでしょ?あのクッキーのカンカラにはいってる空気の入ったプチプチ。あれって潰していくと、のめりこむよね。あんな感覚です。

 いやー、ヒゲっておもしろいんですよ。ぬくといろいろ。オレが主に攻めるヒゲどころは、あごともみ上げのすぐ下(顎関節つなぎめあたり)と、あごの下からのど仏にかけてです。鼻の下と上唇の間はやりません。そこはすごく痛いです。さすがにそこは剃ります。では、これからヒゲぬきのすばらしさを図解入りで解説していきたいと思います。

 毛って皆さんも一度はぬいたことがあると思いますが、こんな形してますよね。注目はこの、黒く丸くなった部分なんです。これがねえ、紙とかに「ピタッ」とくっつくのですよ。けっこうな粘着力で。ぬいてはピタ。ぬいてはピタ。この繰り返しが没頭できるのですよ。だんだん紙にヒゲが移植されていって、短い森ができます。なんかこう「ぬいたなあー」という、満足感をあたえてくれます。

 オレくらいのヒゲぬき上級者になると、ぬいたヒゲでアートができます。保険のおばちゃんが毎週くれる「ザ・テレビジョン」なんていい材料です。表紙の芸能人の口の周りに、オレのヒゲを移植していきます。おお、藤木直人がこんなにワイルドに! 女優でも攻撃の手は緩めません。松嶋奈々子だって、宝塚の男役に!

 だんだんヒゲがぬきつくされていくと、お肌がスベスベしてきます。これも達成感をオレにカンジさせてくれます。

 ヒゲぬきをつづけていると、だんだん人間の環境適応能力というものがわかってきます。あまりにもヒゲをぬきつづけると、ヒゲも進化するんです。いや、ホント。ぬかれまい! という行動にでるんですよ。

 具体的に言うと、すぐに皮膚から頭を出さなくなります。薄皮の下を、ある程度成長するまで這うんですよ。2ミリくらい育つまで皮膚からでないんです。たまに1センチくらい埋まってるとんでもないやつもでてきます。

 また、先端だけ色素をぬいた、つまり限りなく透明に近い状態で生えてくるやつも登場します。つまり視覚的にみつかりづらくし、しかも産毛を装ってるわけです。絵でいうとこんな感じ。

 これがオレに訴えるわけです。

「ボクはまだ産まれたばかりの産毛だよ。ぬかないでよ」

その懇願を無視してぬいてみると、その先が黒々とした、極太のヒゲだったりするわけです。

「よ〜け気づいたのう、おんしゃあ」

なんて正体暴露したりして(なぜ広島弁?)。

 あとこれ知ってる? 黒丸の毛根は冷たいです。ためしにぬいてみて、毛根を皮膚にあてがってみましょう。「冷えッ」としています。上唇につけるといちばんわかりやすいです。

 とまあ、こんなカンジで楽しんでます。皮膚には悪そうだけど。いや〜気持ち悪がる人は気持ち悪いだろうなあ。こんな趣味。ストレス解消に最適なんだけどなあ。

(2003年11月9日)

 

 

 

 

次の好きにすすむ

トップにもどる

好き・嫌いのトップにもどる