エロ商業の一考察

 このあいだコンビニに行ったら、昔ジャンプでマンガを描いていた人の単行本があったので、どんなもんだろと興味をひかれてパラパラとめくってみると、なかなかにアダルティな内容のマンガ(つーかエロマンガ)が目に飛び込んできた。

 正直な感想は「あらら…」といった、失望というか、残念というか、とにかくちょっとショックな気分にさせるものであった。昔アイドルだった娘が、落ち目になってヌード写真集を出版したときなどに感じる、「あ〜あ、やっちゃった」的な気分と似ている。

 そのマンガ家がなぜにエロマンガを描くに至ったかについては、いろいろな理由があるだろうが、おそらく

@少年誌等で開花せず、仕事に困っていた
A実は収入的にエロマンガのほうがよく、ビジネスライクに移行した
B作家自身がエロに表現の場を求めてみたかった

こんなところかな、と思う。上に挙げた理由は、@→A→Bと数字が大きくなるごとにポジティブシンキングになっていくが、@の理由でやむを得ず描いているのだとすれば、なかなかに辛い選択だったろうなあと、ちょっと同情をしてしまう。

 最近小沢なつきという元アイドルがAVデビューをしたと話題になっていたが、これも理由が@と同じニュアンスであるならば、なんとも悲しい現実ではないか。

 ただこのマンガ家といい小沢なつきといい、もし理由が@であると仮定するのであれば、共通しているのは「仕事に困るとエロに走る傾向がある」ということである。このことは裏を返せばそれだけエロというジャンルには需要があるという証明でもあり、多くの仕事場が提供されているという表れだ。わかりやすく図にしてみると、

ということになるであろうか。

 そう考えると、エロというものは人間の物欲のかなり上位に位置づけられているということを再確認させられる。このような商業的位置づけでエロ(マンガ)を提供してきたマンガ家(つまりAを徹底したタイプ)でまず思いつくのが、江川達也である。確か彼はデビュー作が青年誌で、けっこうエロいマンガを描いていた記憶がある。聞いた話だと師匠の本宮ひろ志が「エロは売れるからその路線で行け」と助言したかららしいが(ひょっとしたらオレの聞き違いかも)。

 ただ江川達也のようなタイプはまれだと思う。やはり@の理由が圧倒的に多いんじゃないのかな。やっぱり生きていく、生活していくって大変なことなのよ。そういや世界最古の職業は売春婦とか、よくいわれてるもんなあ。

(2004年5月17日)

 

 

 

 

作品集トップにもどる

トップにもどる