オレ流職場日誌(2010年3月)

 

indexにもどる

トップにもどる

次の月にすすむ

 

2010年3月25日(木) キミのハナにつまってるアレ
 オフィスにもどると、ほのかに塩素のにおいがしました。
オレ「…なんか…プールのにおいがするね」
   
仁藤「本当ですか?たしかに給湯室でハイター使いましたけど…においます?」
   
オレ「うん、少しね」
   
仁藤「へ〜、アキラさんすごいですね。私ぜんぜん気にならなかったです」
   
オレ「あ、そう?それはたぶん…キミの鼻にハナクソがたくさん詰まってるからだよ」(
   
仁藤「詰まってません!!(即答)なんですかそれ。女性に対してダイレクトすぎます!」
   
オレ「そう?じゃあ言い直すよ。あなた様のお鼻におハナクソがお詰まりあそばしているからではございませんこと?
   
仁藤「いや、丁寧にいわれても。内容同じじゃないですか。しかもなんでマダム系なんですか」
   
オレ「注文多いね。じゃあこれは?あなたの鼻腔内の鼻毛によってフィルタリングされた空気中の汚れが塊となり、鼻腔内を大きく塞いでいるからではありませんか?
   
仁藤「今度はえらい回りくどくなった!」
   
オレ「ダメ?じゃあさ…」

 注文が多いんだよなあ、仁藤さん(笑)。

 

2010年3月27日(土) カラーズ
 プロ野球開幕です。広島ファンの亀田くん(仮名:男性)は、携帯でせっせと情報収集しているみたいですよ。
オレ「…どうなの?広島」
   
亀田「開幕戦、勝ちましたね」
   
オレ「よかったじゃん。監督は…ブラウン監督だっけ?」
   
亀田「いや、ブラウンは楽天に行きました。今は野村謙二郎です」
   
オレ「そうかあ。でもさあ…ブラウン監督って、やっぱり髪の毛は茶色なの?」
   
亀田「いや、そんなことは」
   
オレ「でもさあ、名前で“ブラウン”ってうたってて、茶色じゃないんじゃあ詐欺だよね」
   
五十畑「それいったらホワイトさんはみんな白髪になってしまいますよ」
   
オレ「突然横から入ってきたね。ホワイトさんはさ、年をとって白髪になってはじめて『これでやっと偽りない名前になりました』って涙ながらにあいさつ回りするんだよ、きっと」
   
五十畑「日本人だって赤井さんや青井さんがいますけど。彼らは頭を赤や青に染めなきゃいけないんですか?」
   
オレ「おお〜、そういえばそうだね。日本人は盲点だったなあ。いいところに気づいたね」
   
亀田「…もはやプロ野球の話がどっかにいってるんですが…」

 実はいうほどプロ野球、興味ないんだよね(笑)。

 

次の月にすすむ

indexにもどる

トップにもどる