オレ流職場日誌(2009年12月)

 

indexにもどる

トップにもどる

次の月にすすむ

 

2009年12月19日(土) のっかる男
 残業時の話題として、兼子くん(仮名:男性)の出身を聞いてみました。
オレ「兼子さあ、きみって出身は生まれからずっと埼玉?」
   
兼子「いや、生まれは群馬の太田です」
   
オレ「そうなんだ。じゃあいつから埼玉なの?」
   
兼子「物心ついた頃に一度長野の松本に移って、そのあとまた太田に戻って、そして埼玉です」
   
オレ「ずいぶんと動いてるんだな。しかも内陸部ばっかり。じゃあ海の存在を知ったのは、大学で東京に出てきてからか」(極端)
   
兼子「ええ、そうです。大学時代に海を初めて見たときは、『なんだこの広い湖は』って思いましたよ、ええ」
   
オレ「…のっかるねえ」
   
兼子「ええ、腕を上げましたから」
   
オレ「…うぬぼれんじゃないよ」

 そしてまた二人は淡々と残業にいそしみましたとさ。

 

2009年12月26日(土) 今年最後のヤラセ
 今日で仕事納めです。というわけで、今年最後の後輩イジメをしてみました。小倉くん(仮名:男性)と昼飯を食い、社に戻る途中のこと。目の前で落とし物をしたことに気づいていない家族連れを発見し、颯爽とそれを拾って追いかけた小倉くん。無事に落とし物を渡すことに成功しました。
オレ「…フットワーク軽いじゃん」
   
小倉「いやあ。目の前であんな状態を発見したらねえ。困るだろうなあと思って」
   
オレ「…ふ〜ん。うまいね」
   
小倉「うまい??って何がですか?」
   
オレ「だって今のヤラセだろ?」
   
小倉「ヤ、ヤラセじゃないですよ!」
   
オレ「またまたあ。自分のイメージアップのために仕組んだ芝居なんだろ?ハッキリいっちまえよ」
   
小倉「そんなバカな。初対面ですよ、ホント」
   
オレ「い〜や、前日リハーサルしてたの見たもん」
   
小倉「してないっす!」
   
オレ「オレは騙されないよ、悪いけど」
   
小倉「だからヤラセじゃないですって!」

決して認めませんでした(笑)。最後の最後までこんな調子です。

 

次の月にすすむ

indexにもどる

トップにもどる