オレ流職場日誌(2009年8月)

 

indexにもどる

トップにもどる

次の月にすすむ

 

2009年8月14日(金) 夏休みの引継ぎ
 お盆突入です。うちの会社でも交代で休暇を取り始めました。隣の課の天地くん(仮名:男性)も来週から休むらしく、坂上くん(仮名:男性)相手に仕事との引継ぎをしていますよ。休み中にトラブルの電話がかかってくるといい気分がしないので、なるべく詳細に説明するのが慣例です。
天地「というわけで、A社のこれとこれが動きます。担当にはもう手配しているので…」
   
坂上「オッケー…B社のこれはどうするの?」
   
天地「それはまだちょっと流動的なので…とりあえず無視していいです。もしわからなかったら、最悪自分の携帯に電話ください」
   
坂上「わかった。なるべくかけないようにするけどね」
   
天地「そんなに気にしなくていいっす。自分、休み中は基本家にいますから」(太っ腹!)
   
オレ「(横で聞いていて突然しゃしゃり出て)わかった。じゃあオレも電話するわ
   
天地「!!なんすか突然。アキラさん、課が違うからかける必要ないじゃないですか」
   
オレ「いやあ、いろいろあるじゃない、質問やら報告事項が。『これから営業に出かけます』とかさ、『これから伝票入力します』とか」
   
天地「そんな通常業務の報告でいちいち電話しないでください」
   
オレ「(無視して)あとは不在中のメール報告とか。メールが来るたびにリアルタイムで電話してやるよ。スパムメールも1件1件、丁寧に読み上げてやるからさ」
   
天地「そんなんしたら、10分に1回のペースで電話がかかってくるじゃないですか!」
   
オレ「え?だって気にせず電話していいっていうからさ…休み中、不安でしょ?メール」
   
天地「限度があるっす。というか、それって休み中どころか出社しているときにやられても迷惑っす」
   
オレ「そうか、そういえばそうだね。ぜんぜん気がつかなかった」
   
坂上「…いやあ、相変わらずホレボレするほどのイジメっぷりですね」
   
オレ「いやいや」
   
坂上「そろそろ引継ぎ続けていいっすっか?」
   
オレ「…どうぞ」(満足)

天地くん、いい夏休みを(笑)。

 

次の月にすすむ

indexにもどる

トップにもどる