オレ流職場日誌(2008年9月)

 

indexにもどる

トップにもどる

次の月にすすむ

 

2008年9月13日(土) 負け組の人
 世の中の主流から外れるって、けっこう辛いですよね。うちの部署のボスと営業をしていたときの話。
オレ「いや〜、参りました。テレビに続いてビデオも調子悪くて。なんで家電の不具合って集中するんだろう」
   
ボス「そんなもんだよ。デッキはDVDか?」
   
オレ「いえ…VHSです」
   
ボス「VHS!?いまだVHSを使っているやつがいたのか!」
   
オレ「…悪かったですね、時代おくれで。そういうボスは?」
   
ボス「うちはあれだよ、ハードディスクレコーダーだよ」
   
オレ「いいですね。便利そうですもんね」
   
ボス「たしかに便利なんだけどさ…これに関してはちょっとあってさ。聞いてくれよ」
   
オレ「…なんですか?」
   
ボス「実は電気屋に買いに行ったらさ、店員が超プッシュするんだよ、そのレコーダーを。たしかに安かったんだよ」
   
オレ「へ〜。いくらですか?」
   
ボス「3万円なんだよ。お買い得だなんてさ」
   
オレ「確かに安いですね…(??まさか…H…)」
   
ボス「しかも型落ちというわけではなくて、最新機能バッチリの新型なんだよ。こりゃいいやなんて思って、じゃあくださいって」
   
オレ「え?新型で?3万?(…まさか…HD…)」
   
ボス「そしたらおまえ、2日後の新聞で『東芝、HD-DVDから撤退』だぜ?やられたっ!てな」
   
オレ「ええ〜〜っ!?(HD-DVDキタ――――――――!!)それ、完全に店員に騙されたんですよ!!」
   
ボス「ひでえ話だろ!?2日後だぜ、2日後」
   
オレ「いや〜、いるんだなあ、こんなタイミングな人。稀有な経験してますねえ〜、ボス?」
   
ボス「…おまえ、バカにしてるだろ」
   
オレ「してませんよ…ただ自ら火中に飛び込むような行動にシビれたっていうか、シチュエーションのハマり具合に美しさすら感じただけですよ」
   
ボス「やっぱりバカにしてんな。いいんだよ。どーせオレはベータのときだって負けたんだから」
   
オレ「え!?ベータも?すごい、映像関係負けっぱなしじゃないですか。ある意味奇跡だ」
   
ボス「そうだよ、負け組なんだよ、オレは…ってやっぱりバカにしてるな」

 いや〜、こんな身近に奇跡の人がいるとは思いもしませんでした(笑)。

 

2008年9月16日(火) 地デジ差別
 地デジ移行を本気で検討しなければならなくなってきました。会社で先輩の矢部さん(仮名:男性)と話していたときのこと。
オレ「…というわけで、テレビの具合が悪いので地デジ移行を検討しなければならなくなりました」
   
矢部「ええ〜〜っ??アキラの家、地デジじゃなかったの〜〜?」(自分は持ってるもんだからここぞとばかりにいばる)
   
オレ「…そうですよ。最近よく画面に“アナログ”って表示されますが、それが何か」
   
矢部「いまどきいるんだなあ。そんな時代遅れの人。いや〜ビックリだ」
   
オレ「これみよがしにいいますね。矢部さんだって今年に入って買い換えたばっかりじゃないですか」
   
矢部「(無視して)いや〜信じられない。じゃあ地デジではテレ朝が5チャンネルだって知らないの?」
   
オレ「し、知ってますよ、それくらい!」(…知らなかった…くそう)
   
矢部「地デジを見たら、もうアナログ放送なんて見られたもんじゃないよ。へ〜、いまだにアナログねえ」(しつこい)
   
オレ「…だから近いうちに買い替えを検討しているんじゃないですか。冷蔵庫買ったばかりできついけど」
   
八木原「(横から入ってきて)…おまえらさ、地デジ地デジって騒いでるけどかわいいもんだよ。親子三代の大家族のうちなんて、アナログが5台もあるんだぞ。どうしろってんだよ、ホント」
   
オレ「うわあ、5台はキツい!」
   
八木原「しかもそのうち2台はテレビデオだぞ」
   
オレ「…ご、ご愁傷様です」

 テレビデオという名称が、余計にインパクトをさそいました(苦笑)。

 

次の月にすすむ

indexにもどる

トップにもどる