オレ流職場日誌(2007年7月)

 

indexにもどる

トップにもどる

次の月にすすむ

 

2007年7月11日(水) タバコとウンコ
 職場の後輩の小倉くん(仮名:男性)と、車で営業まわりをしていたときのこと。二人ともノンスモーカーです。
オレ「やっぱりノンスモーカー同士はいいね。車内の空気が汚れなくて」(タバコ大嫌い)
   
小倉「ボクは吸われてもあまり気にしないほうなんですけど・・・ああ、ニオイが服につくのは嫁が嫌がりますね」
   
オレ「あれはホントに嫌だよな。家に着いてもタバコのニオイがプンプンしてるの。ウンコのニオイをつけられたのと同じくらい嫌だよ」
   
小倉「ウンコですか!?そこまで飛躍します?」
   
オレ「嫌いな人にとっちゃ、タバコもウンコも同じだろう。嫌なんだから。となるとさ、嫌煙者の隣でタバコを吸うって行為は、隣でウンコするのと同等の行為ってことになるよな」(
   
小倉「え〜〜!?そうですか?」
   
オレ「そうじゃんよ。だって『タバコのニオイ=ウンコのニオイ』だとすると、その原因となる『タバコを吸う=ウンコをする』となるわけじゃん。理論的にもバッチリと証明できるじゃん」
   
小倉「まあそうですけど・・・なんかこじつけっぽくないですか?」
   
オレ「(無視して)ってことはさ、嫌煙者に対して『タバコ吸っていい?』と聞くことは、『ウンコしていい?』って聞くのと同義ってことになるよね」
   
小倉「すごい理論の飛躍ですね・・・」
   
オレ「そんなことないよ。横でウンコされているのと一緒だよ」

ホントは隣で吸われてもガマンできますけどね。でもかなり嫌ではあります。煙がでなくて、ニオイが移らなくて、健康に害がないタバコだったらいくらでも隣で吸ってもらっていいんですけど。

 

次の月にすすむ

indexにもどる

トップにもどる