オレ流職場日誌(2006年10月) 

 

indexにもどる

トップにもどる

次の月にすすむ

 

2006年10月4日(水) 中途半端な式典
 職場の後輩の亀田くん(仮名:男性)が、あるお得意先から仕事を受注してきました。
亀田「アキラさん、今日受注してきた物件なんですけど・・・」
   
オレ「おう。どんなやつなの?」
   
亀田「・・・どうも企業の55周年の式典らしいんですよ。でも普通55年なんて半端な年に式典なんてやりますかね?」
   
オレ「・・・確かに中途半端だよね。50周年とか60周年とか、10年単位ならわかるけど、55ってちょっと刻みすぎだよね」
   
亀田「そうなんですよ。あやうくお客にツッコミそうになっちゃって」
   
オレ「なんだよ、つっこんじゃえばよかったのに(笑)。『ずいぶんと中途半端な式典ですね』って。アハハハハ」(無責任
   
亀田「そんなこといって『そうか、じゃあやめましょう』なんてことになったら、せっかくの受注がおじゃんになるじゃないですか!」
   
オレ「・・・冗談だよ・・・そんなに鼻の穴ふくらませなくてもええやねん。でもさ、そんな半端で式典やるんだから、ひょっとしたら来年もやるかもよ。56周年式典。受注成績がまたあがるなあ、亀田」
   
亀田「絶対ないと思います」(ピシャリ)

ぜひやってほしいなあ、56周年式典。

 

2006年10月17日(火) C.Cレモンホール
 命名権(ネーミングライツ)の広告がはやっているようです。
オレ「亀田さあ、こんど渋谷公会堂が『渋谷C.C.レモンホール』に改名されるの知ってた?」
   
亀田「ああ、なんかそうみたいですね。最近そういうの多くないですか?『インボイス西武ドーム』とか『味の素スタジアム』とか『フルキャストスタジアム』とか」
   
オレ「命名権(ネーミングライツ)ってやつだよな。けっこうな金額で売れるらしいぜ。まあ確かに商品名や会社名を連呼されるわけだから、いい広告だよな」
   
亀田「でもその権利を売るほうは、財政的に厳しいってことですよね」
   
オレ「そうなんだろうな・・・ということはだよ、国会議事堂とかも名前が変わるかもしれないぜ」(
   
亀田「国会議事堂ですか?」
   
オレ「だって今、国も財政が厳しいじゃん。議事堂の命名権を売るなんてこともあるかもよ。『国会“Qoo”議事堂』とかさ」
   
亀田「なんか威厳もクソもなさそうですね」
   
オレ「衆議院が『ガリガリくん院』で、参議院が『うまい棒院』なの。ニュースとかでアナウンサーが『郵政民営化法案が、ガリガリくん院、うまい棒院の両院で可決されました』なんていっちゃったら、赤城乳業もやおきんも大喜びだよな。わははははは」
   
亀田「そんな法案守りたくないですよ」(ピシャリ)

でもないとはいえないよね?

トップにもどる

2006年10月20日(金) 坂上VS中迫
 工務の中迫さんと営業の坂上くん(共に男性:仮名)のやりとりは、はたから見ていても漫才のようです。今日もおバカなバトルが展開されていました。
坂上「・・・というわけで納期がないんですがなんとかお願いしますよ、中迫さん」
   
中迫「なんとかっていったってオメーよう、この日程でどうやって処理すんだよ、アホ」
   
坂上「アホでいいんで、なんとか頼みます。最後にボクがチェックするから、そんときは呼んで下さい」
   
中迫「しょうがねえなあ。アホの尻拭いはいつもオレかよ・・・で?お前の内線番号は?何番だっけ?」
   
坂上「333の確変番号です。もう大当たりですよ」(パチンコか)
   
中迫「オメーの確変は『確実』の確変だよ。アホ」
   
坂上「うまい!」

横で聞いていたオレも、たしかにうまいと思いました(笑)。

 

2006年10月24日(火) 谷村新司くらいだよ
 雨の日はうんざりですね。後輩の小倉くん(仮名:男性)が愚痴をこぼしてきましたよ。
小倉「雨、嫌ですねえ、アキラさん」
   
オレ「そうだな。モチベーションも下がるよな・・・とにかく傘がうざいし」
   
小倉「ボクはどうせすぐ失くしたり、壊したりするんで、傘はいつもビニ傘なんですよ。おかげで家にビニ傘がたまって仕方ないっす」
   
オレ「ビニ本?なに、キミはビニ本がたまってるの?」(イジメ開始)
   
小倉「ビニ本じゃないです!ビニ傘です!!ビニール傘!というか、ボクその世代じゃないんですけど」
   
オレ「(意に介さず)すごいなあ〜。今どきビニ本収集してるのって、キミと谷村新司くらいじゃない?」
   
小倉「・・・だからビニ傘ですって・・・」
   
オレ「なんか昭和を感じるなあ」(しみじみ)
   
小倉「・・・もういいです・・・」

でもホント、谷村新司は相当な収集家らしいよ?

トップにもどる

2006年10月31日(火) はじめの記憶
 会社の後輩の小倉くん(仮名:男性)と営業まわりをしているときに、ひょんなことからこんな話題になりました。
小倉「・・・じゃあアキラさんは最初の記憶って何歳くらいからありますか?」
   
オレ「オレは幼稚園以前の記憶はまるでないね。幼稚園の年少組の頃ならポツポツとあるようなカンジかなあ?」
   
小倉「へ〜。ボクはもうちょっと早いですね。3歳くらいからの記憶がありますよ」
   
オレ「けっこう早いね。で、どんな記憶?」
   
小倉「テレビを観た記憶ですね。ず〜っと3ちゃんばっかり見ていた記憶がありますね」
   
オレ「すごいな!3歳から『2ちゃん』を見てたなんて!」(イジメ開始
   
小倉「『2ちゃん』じゃないですって!『3ちゃん』!教育テレビ!!」(必死)
   
オレ「(無視して)そんな幼児期から『おまいら氏ね』とか書き込んでたんだ。おっそろしいガキだなあ〜」
   
小倉「だから『3ちゃん』ですって!っていうか、ボクの幼児期に『2ちゃん』ないし!」
   
オレ「『オマエモナー』とかいっちゃうんだ」
   
小倉「・・・もういいです・・・」

みなさんの記憶はいつ頃からですか?

 

次の月にすすむ

indexにもどる

トップにもどる