オレ流職場日誌(2006年2月) 

 

indexにもどる

トップにもどる

次の月にすすむ

 

2006年2月1日(水) さわやか営業マン
 それなりにベテランの営業マンでも、引継ぎ始めのお客さんとのコミュニケーションには慎重になるってもんです。前任者が築いてきた関係を壊すことなく、さらなる交流を深めていかなければなりません。

 本日うかがったK社は、後輩の天地くん(仮名:男性)からおととい引き継いだばかりの得意先です。担当のおばさまはなかなか気難しい方らしく、この人に嫌われると仕事がこなくなるそうなので、ファーストインプレッションに手を抜くわけにはいきません。逆にマダムキラーのフェロモンで手玉にとってしまえば、これほど強いお客もいないでしょう。

 というわけで面会の前にトイレに立ち寄り、髪形や身だしなみを整えて、さわやかな営業マンをアピールできるようチェックをいれました。そのまま小用をすませて気を落ち着かせ、いざ出陣です。軽妙なトークでどうやらそれなりにいい印象をあたえられたようです。第一段階成功といい気になって帰ってきましたが、トイレで手を洗っていなかったことに気づいてしまい、なにがさわやかな営業マンなものかと苦笑してしまいました(笑)。

 

2006年2月10日(金) 夜○屋本舗
 世知辛い世の中ですからね。突然驚きの事件が起こっても不思議はないってもんで。

 うちの会社はある運送会社(といっても家族経営の小さな会社)と契約をして、社内便や、大口の納品物をそこにお願いしています。朝一に工務の中迫さん(仮名:男性)が、トラックのドライバーに電話をしていました。

中迫「(受話器を片手に)・・・・おかしい・・・・」
   
オレ「・・・どうしたんですか?中迫さん?」
   
中迫「いや、トラックの運ちゃんが電話にでないんだよ。昨日のうちに夜積みしといた荷物を今日の朝一に納品するはずだったのに、まだ届いていないんだよ。運ちゃんの携帯にも繋がらないし、会社に電話しても誰もでないから、連絡のとりようがなくてさ」
   
オレ「・・・おかしいですね。今までそんなことなかったですよね」
   
中迫「だろ?だから今、若いのを会社まで行かせて確認させてるんだけど・・・(といって中迫さんの携帯が鳴る)・・・おお、着いた?で?どう?・・・えっ!?ホントに!?」
   
オレ「何何何!?」(ヤジ馬根性丸出し)
   
中迫「・・・会社もぬけの空だって。トラックと荷物は倉庫に置きっぱなしらしい。おいおいおい、こりゃ夜逃げか?ちょっとシャレになんなくなってきたぞ」
   
オレ「夜逃げ!!なんかすごい展開になってきたなあ!あれかな、中村雅俊が裏で暗躍してたのかな!?」(飛躍しすぎ)
   
中迫「冗談いってる場合かよ!とにかく納品物をどうにか運ばないと・・・」

2時間後

オレ「・・・中迫さん、どうでした?やはり事件?」
   
中迫「ああ、大事件だよ。寝坊という名のな!・・・ったく」
   
オレ「な〜んだ。中村雅俊の出番はなかったのか」

でも正直な話、一時は社内で変な緊張感が漂いましたよ。

 

2006年2月19日(日) 朝型スタイルの効果
 地獄の年度末進行が近づいてきて、残業の量も大変なことになってきています。
亀田「おはようございま〜す・・・あ、アキラさん、早いですね、最近。何時ごろ出社してるんですか?」
   
オレ「ん?8:00前には来てるよ」
   
亀田「早すぎじゃないすか?それ」
   
オレ「バカだねえ、キミ。年度末進行に向けた対策だよ。夜型から朝型に生活を切り替えて、バカみたいに夜中まで残業をしないようにするわけだよ」
   
亀田「なるほど。だらだらと残業しないで、やれることを翌日の朝にまわすわけですね」
   
オレ「その通り。もうね、夜8時以降は残業しないから、オレ。一日の労働時間を12時間までに限定するから。ちゃんとね、オンオフをはっきりとさせなくちゃ、精神衛生上もよくないだろ?キリがないしさ」
   
亀田「そうですね。いい考えだと思いますよ」

なんやかんや外回り営業して帰社

オレ「ただいま〜。あ〜疲れた」
   
亀田「アキラさん、もう7時半ですけど・・・あと30分しかないですよ。8時までに」
   
オレ「・・・・・。今日は8時半まで延長。特例
   
亀田「ダメですよ。12時間以上働かないんでしょ?」
   
オレ「だって朝からやってなんとかなるような事務作業量じゃないからさ」(といって事務作業を開始)
   
亀田「アキラさん、もう9時になりますが・・・」
   
オレ「・・・・・・もうちょい」
   
亀田「・・・アキラさん、ボク帰りますね。お疲れ様」
   
オレ「ん。お疲れ」

というわけで、11時まで残業しました。そんな毎日です(泣)。

 

次の月にすすむ

indexにもどる

トップにもどる