オレ流職場日誌(2005年5月)

 

indexにもどる

トップにもどる

次の月にすすむ

 

2005年5月6日(金) アイデンティティの否定
 今日は雨が降って気温も下がり、久々に肌寒い一日でした。そんなとき後輩の兼子くん(仮名:男性)がこういったんです。
兼子「なんか今日、暑くありません?」
   
オレ・持田「ええっ?!」
   
オレ「今日はどっちかっていえば寒いよなあ」
   
持田「ええ、寒いですよ」
   
兼子「・・・あれ?二人して否定?ボクの感覚が世間ずれしてるってことですかね?」(ちょっとショック)
   
オレ「いや、キミの人格が全否定されたってことだよ」(ひどい言い方)
   
持田「全否定って・・・・(笑)」(ややウケ)
   
兼子「そこまでボクの感覚は否定されますか」
   
オレ「いや、キミの二十数年間のアイデンティティが否定されたともいえるな」(もっとひどい言い方)
   
持田「あ、アイデンティティって(笑)」(大ウケ)
   
オレ「(いい気分になって)おもしろい?じゃあね、もう一つ。兼子の・・・」
   
兼子「もううんざりです」

でもホントに今日は暑くないよ、兼子くん(笑)。

 

2005年5月13日(金) うまい切り返し
 やりかけていた仕事を途中で妨げられると、復帰したときに自分が何をしていたかわからなくなるってこと、ありますよね。職場の後輩の兼子くん(仮名:男性)も、そんな罠にはまりました。
兼子「(電話で)・・・はい、はい。そうです。ええ、承知しました。はい、はい。よろしくお願いします」(ガチャリ)
   
オレ「どう?お客さん納得してくれた?」
   
兼子「ええ、大丈夫です・・・ってアレ?さっきまでオレ何してたんだっけ?何かやろうとして・・・あれえ・・・?だめだ、途中で電話とったから、何しようとしたか忘れちゃったよ」
   
持田「見積もりじゃないですか?」
   
兼子「いや、見積もりじゃなくて・・・何だっけな?けっこう重要なことだったような・・・」
   
オレ「確かあれだよ。キミがオレに100万円の無償融資をしたいって話の途中だったんだよ」(
   
兼子「(あきれて)・・・・・・・そうだ、その融資を白紙にしようとしたんだ」
   
オレ「ああ、そうですか。うまい切り返しだね」

くだらない先輩の一言はうまく回避しましたが、結局何をしていたか思い出すのにはてこずったようです(笑)。

トップにもどる

2005年5月17日(火) A−BOY
 職場の後輩の持田くん(仮名:男性)は、ややアキバ系な趣味をしているA−BOYだ。ただ完全にアキバ色に染まるのはイヤらしく、そう見えないような努力は怠らないようにしているらしい。ちなみに彼女は募集中だ。
オレ「・・・そうか、染まらないようにはしているのか。でもやっぱりアキバ系の話がわかる女の子がいいんだろ?彼女つくるとしたら」
   
持田「・・・別にそうじゃなくてもいいんですけど・・・まあ共通の話題が多いほうがいいですよね」
   
兼子「例えばさ、どんなタイプが好きなわけ?芸能人とかでいうと」
   
持田「そうですねえ〜・・・稲森いずみとかですかね」
   
オレ「あ、こないだオレと兼子で『最近めっきり老けたよな〜』って話した稲森いずみかあ」(トゲのある言い方)
   
持田「老けましたかね?稲森いずみ」(納得できない様子)
   
オレ「じゃあさ、性格的にはどういう人がいいわけ?」
   
持田「性格ですか?う〜ん・・・」
   
オレ「すぐ出てこない?じゃあさ、マンガのキャラでもいいよ」
   
兼子「ダメですよアキラさん。マンガのキャラじゃA−BOYにどっぷりつかってるじゃないですか。2次元のキャラに活路を求めてどうすんです」
   
オレ「あ、そっか。なるべく染まらないようにしてるんだっけ。わははは」

がんばれ持田くん。

 

2005年5月25日(水) 斬新な提案
 職場の高松さん(仮名:男性)は、数年前に車で事故ったらしい。
オレ「・・・結構派手にやっちゃったんですか?」
   
高松「そうだね、あの時は。ぶつかった後、エンジンかからなかったからな」
   
オレ「それは災難でしたね・・・で、どうやって帰ったんですか?」
   
高松「それが聞いてくれよ。困ったからさ、携帯で女房に電話したんだよ。『○○交差点で事故っちゃってさ、困ってんだ』って。迎えに来てもらおうとしてさ」
   
オレ「なるほど」
   
高松「そうしたらうちの女房なんていったと思う?『○○交差点だったら、たしか車のディーラーがあるから、そこで新しい車買えば?』だってさ!」
   
オレ「!・・・奥さん随分と斬新な提案をしますね・・・」

普通はもっとびっくりすると思うんだけどなあ(笑)。

 

次の月にすすむ

indexにもどる

トップにもどる