???編@(新たなる潮流!〜

  

トップにもどる

キン肉マントップにもどる

 

2017年8月14日  新宿の救世主!!
 新宿に現れたスグル。そこにはミートもいました。帰省のお土産を物色しているうちに、宇宙船に乗り遅れた、というのが真相のようです。特にゲームソフト購入のために行列に並んだことが致命的だったようで(笑)。そんなアクシデントを奇蹟ととらえたハラボテ委員長は、スグルにすぐにスペインに来いと依頼。テアトル東京のシネラマを彷彿とさせる5分割の試合映像を観たスグルは、引退したウルフマンが前線に立っている事実を知り、地球に危機が起きていることを知ります。

 モニター越しにスグルと会話をしたウルフマンは「お前はさっさと家に帰れ」と憎まれ口を叩きますが、ルナイトの噛みつきを左肩にくらいそれを強引にもぎ取ります。その姿はまるでカーメンの噛みつきをもぎちぎったブロッケンJr.のよう。それを見たスグルは、決戦の地へ赴くことを決意し、次回に続く、です。

 今回は試合自体はあまり進展がありませんでした。スグルが援護射撃に向かう理由づけの回、といった感じです。となると、アリステラとスグルの対戦カードということでしょうね。だとしたらやはりオメガマンは序盤の先遣隊ですね。この試合の流れで今シリーズのバックボーンが少しずつ明かされていくのでしょうか。

 その他気になった点は
・脇坂さん、ケン広島さんは完全に「職業・超人デザイナー」ですな(笑)。
・こぼれたファミコンソフトに『キン肉マン』があるのはご愛敬として、『舛添要一 朝までファミコン』がこぼれているのには笑ってしまった。なぜこのチョイス?
・5分割の試合映像はそそるな〜。
・モニターのサイズがしっかりと4:3。
・ベンキマンがイケメンに見えてきた(笑)。
・ウルフマン、貫禄出てきた。勝てるぞ!

 こんなところです。

 

 

 

 

 
ポチっとね。 キン肉マンだけじゃもったいない! 他にも笑えるコンテンツ満載です!
 ここから『オレ流ホームページ』の全貌を知ろう!
 
2017年6月26日  新たなる潮流!
 待ちに待った(1ヶ月くらいだけど・・・)新シリーズ突入です。場面が大きく変わっての新シリーズ開始かと思いきや、将軍VS武道の行われたオーストラリアはエアーズロックからでした。ハラボテ委員長を中心とした超人委員会の面々が、試合の終わった会場の後片付けをしているところから話は始まります。

 そこではミートも後片付けを手伝っており、ハラボテと一緒にスグルのエピソードを一から回顧していく、というのが主なやりとりでした。『キン肉マン』という作品の復習を行っているようでもあり、これを機に読んでみようか、という新たな読者へ向けた作品解説のようでもあります。ま、結果物語はほとんど進んでいないんですけど(苦笑)。

 あとはミートがスグルの魅力や過去のほっこり新エピソードを語り、ゆえに行動を共にし続けたいという意志を明確に宣言しました。スグル&ミートの凸凹コンビは磐石の信頼度といった感じです。

 そして最後の最後で物語りに進展が。委員会のメンバーが引き上げた後のエアーズロックに落雷がおこり、そこにはフードを纏った謎の超人が光臨。武道の竹刀を地面から一瞬で掘り出し、握力のみで粉々に粉砕して次回に続く、です。

 どう見ても新たな敵がフードを纏って登場しましたよ。ゆで先生、フード大好きだな(笑)。『究極の超人タッグ』でもアタルとフェニックスがフード姿だったし。この謎の超人が何者なのかはまったく予想がつかないのですが、武道の象徴ともいえる竹刀を粉砕するところを見ると、完璧始祖にはリスペクトの気持ちを持っていない、それどころか思想的に相容れないものを持っているカテゴリーの超人と思えます。もし竹刀を粉砕する理由が「ザ・マンの不甲斐なさ」に対する苛立ちなのだとしたら、ザ・マンよりも上位もしくは同等の立ち位置の超人ということになります・・・でもザ・マンよりも上位のカテゴリーってなんかやだなあ。たしかにマンは老害だったけど、誇り高き超人でしたからね。彼のステイタスをないがしろにしてもらいたくはないです。また、この超人が鉄砲玉的な立ち位置なのか、それともボスなのかもまださっぱりわかりませんね。なんにせよ、次回に注目です。

 その他気になったことは
・自ら肉体労働を買って出るハラボテ。意外と部下受けいいかも(笑)。
・過去の回想シーンは相変わらず新たな描き起こしで手抜きなし。
・おそらく過去最大のアップシーンを披露したノック(笑)。
・なぜ武道の竹刀は埋められたのだろうか?
・一発で竹刀を発見できる新超人の恐るべきレーダー能力(笑)。
・フード姿のシルエットはボーン・コールドを彷彿とさせますな。

 こんなところでしょうか。

 

2017年7月3日  波乱の叙勲式!!
 新シリーズ第2回です。場面はキン肉星のマッスルガム宮殿での叙勲式です。先の大戦において功績あった正義超人に勲章が贈られていました。このあたり、王位争奪編のオープニングと似通っていますね。テリーマンは左足の義足が痛々しく、ロビンは死亡により不在という、やや寂しさを感じさせる叙勲式です。

 そんな中、事件は起きます。ガガアアという轟音と共に走る稲光。それによって宮殿内に結界が張られ主たる超人たちは閉じ込められてしまいます。同様のことは魔界、超人墓場でも起こり、3属性の超人軍団が外界と行き来できる手段を失ってしまいました。そんな行動を起こした首謀者は・・・なんとサタン。先の大戦が結果的に大団円で終了したことを憎み、安定方向に向かう超人界を破壊するために行動を起こしたようです。彼は以前結託したゴールドマンを首魁とする悪魔超人軍を切り捨て、新たなる悪魔を見出したとのこと。それを世に放つことでまた混沌を呼び戻すことを目的としているようです。そんなサタンの野望がわかったところで次回に続く、です。

 ほお〜〜っ、今回はサタンできましたかあ! 『キン肉マン』という作品において、そのキャラ設定がフワフワしていた両横綱であるサタンと超人閻魔(笑)。その西の横綱の設定がはっきりしたため、今度は東の横綱をはっきりさせようというわけですね。サタンかあ。意外だったなあ。でも確かに一番立ち位置をはっきりしてほしいキャラでもあったなあ。

 サタンがはじめて登場したのは、たしかバッファローマン戦だったと思います。バッファが悪魔に血を売った、ってやつですね。そしてゴールドマンが自身の野望達成のため彼と結託した姿が悪魔将軍。その後はなりをひそめていましたが、『究極の超人タッグ編』においてスグルの胸に死の砂時計を設置したところで再登場しました。

 今回の彼の独演会を見る限り、ゴールドマンを首魁とする悪魔超人軍には愛想が尽きたので、新しい悪魔に期待する、って感じですね。いうなれば真・悪魔超人軍とでもいいましょうか。前シリーズが真・完璧超人軍だったので、なんか路線は似てますよね。ちなみに真・正義超人軍はアタルの提唱する「真・友情パワー」を具現化する超人たちでしょうか(笑)。ま、それはおいといて、真・悪魔超人軍ですよ。その新勢力に対して先の大戦で生き残った3属性の超人が連合して応戦する、といった感じになるんですかね。ただ結界を張られた超人が動きが取れないと仮定すると、その外にいる超人が初動対処することになるのかな? 現状見る限りそれに当てはまる主な超人は・・・

・スグル
・悪魔将軍
・ジャスティスマン
・ネメシス
・ネプチューンマン

といった面々ですかね。スグルがなぜ叙勲式にいないのかちょっと違和感ありますね。また、将軍サマは魔界に、ネメシスとネプは超人墓場にいるかもしれません。だとすると確実に動けるのはジャスティスマンかなあ。ジャスティスマンがまた試合をしてくれるとか胸熱なんですけど(笑)。彼がかませ犬になることは考えられないので、試合も安心して観ることができます。

 ただ予告ではソルジャーことアタルが大きく関係するようなので、アタル緊急出動もありえますね。もしくはサタンに支配されて敵方にまわるとか? 想像はつきませんね(笑)。

 その他気になった点は
・「何の役にも立てなかった」と悔しがるジェロニモ。たしかに(笑)。
・リハビリ中でも派手な登場の魔界のプリンス。でも痛々しい。
・結界の稲光音に「ビババ」。ゆで先生、好きだなこれ。
・見上げるザ・マンが少し笑っているようにも見える。
・肉体をもったサタンが初登場だが・・・ちょっと微妙。ラスボス的存在感はなし。

 こんなところです。

 

2017年7月10日  地獄からの使者!
 サタンの星? から三方に発射される結界。これによって3属性の超人軍は自由な動きがとれなくなってしまいました。舞台はスペイン・サグラダファミリアに変わり、そこはサイコマンが研究していたマグネットパワーを封印しつつ、門番的な要素もかねた若い超人のレッスルファクトリーと化していました。

 そこには委員長と、現役を引退したウルフマンが。ウルフマンは若い超人力士を率いてのスペイン巡業だそうです。そこに天から現れたのが、サタンの主命を帯びた6名のフード超人。狙いはマグネットパワーのようです。いつもの天から舞い降りる登場パターンで(笑)で、サグラダファミリアにいた超人たちを驚かせます。案の定警備兵たちは屁の役にも立たず蹴散らされるも、一人勇敢な警備兵が「姿を見せろ!」と、一人の超人のフードを何とか剥ぎ取ることに成功。そこにあらわれた姿は・・・なんとオメガマン! ・・・私は後姿でわかりましたけどね(鼻息フンッ)! ・・・誰でもわかるか(苦笑)。そして今回の目的が地上の超人皆殺しであることをオメガマンが宣言して次回に続く、です。

 オメガマン・リターンズときましたか。予想外のキャラの復活に、ちょっとびっくりしました。ただザコ臭もプンプンするので(笑)、しょっぱなのインパクト役、つまり先遣部隊かなあと個人的には思いました。この6人の後にも本隊がいる臭プンプンだと思います。ただオメガマン、フォルムはすごくカッコよくなってますけどね。さすが画力の上達具合が天井知らずの中井画伯です。

 オメガマンが出てきたということで、やはり超人閻魔との関係性を確認したくなりますね。彼の前主君は皆さんご存知のように超人閻魔であり、その支配下で働いていたということでオメガマンが完璧超人の一員であることに整合性がついたのですが、今回は超人閻魔が敗北した直後でしかも主君がサタンに変わっていることを考えると、超人閻魔に愛想をつかしサタンに鞍替えした、というポジションなのかなという予想もできそうです。ただ今回のフード超人たちは、サタンに対してあまり敬意を払っていないような会話をしていたので、いうほど堅固な主従関係ではないのかもしれません。ですので個人個人がけっこう勝手に動き回ってしまい、サタンはそれを束ねるのに苦労しそうな雰囲気です。あいつら手がかかるな、みたいな(笑)。

 そしてファーストインパクトで犠牲になる正義超人は・・・ウルフマンなんでしょうね。血祭られ役としてはベテランなので(笑)、今回もいいやられっぷりをみせてくれるのでしょう・・・ウルフマンファンにとっては悪夢でしょうけど(苦笑)。

 その他気になった点は
・横顔になると鼻がなくなるウルフマン。
・眉尻が下がりっぱなしのウルフマン。
・ノックが「頼もしい限り」と評する若手超人の瞬殺され臭のクセがすごい(笑)。
・警備兵って超人なのかな? もしそうなら実力的には若手超人とどっちが上なのかな?
・今回のフード超人6人の中に、エアーズロックにいた超人は入っているのかな?
・即座に迎撃体勢に入る警備兵に対し、まったく動けない若き超人たち。ゆとり世代か(笑)。
・オメガマンの現世に対する恨みは深そうだな。
・フード超人の笑い声は「シャシャシャ〜」「ファファファ〜」「ギュイギュイギュイ」。ギュイギュイて・・・。

 こんなところです。次回は2週間後ですが。待ちきれないなあ。

 

2017年7月24日  破滅の6本槍!
 サグラダ・ファミリアに突如現れた、オメガマンを中心とする6人の超人。そしてその背後には悪の領袖・サタンの影が。そして前回その登場で読者に衝撃を与えたオメガマンですが、実は我々が知るオメガマンではないことが発覚。背中に背負っている掌が今回は左手であることに気づいたハラボテ委員長の指摘により、今回のオメガマンは双子の兄でありオメガ一族の現当主であるオメガマン・アリステラであることがわかりました。フェニックスの下で働いた超人ハンター・オメガマンは、正式にはオメガマン・ディクシアというそうです。ぶっちゃけこれは気づかなかったなあ。掌の左右なんてまったくわかりませんでしたよ。それを後姿を見ただけでオメガマンだとわかったと悦に浸っていた2週間前の自分が恥ずかしい(苦笑)。ちなみにアリステラ、ディクシアはギリシャ語で左・右という意味だそうです。ゆで先生得意の後付設定だけど、妙にしっくりときた後付で悔しいです(笑)。

 そして満を持して他の5人もフードを取り去り見開き頁でドーンと正体を現しました。名前はよくわからないのですが、てんとう虫チックな超人、歯車みたいな超人、ロビン風なフック船長的超人、手足が凍っている感じの超人、ライオンチックな鬣のある超人で、オメガマンとあわせて「オメガ・ケンタウリの六槍客」というグループ名を名乗りました。どうもオメガマンに付き従う側近超人のようです。

 彼らの目的の全容は謎ですが、当面はサグラダ・ファミリアにあるお宝(おそらくマグネットパワー)を奪い取ることを公言し迫ってきました。そこに立ちふさがったのは、瞬殺臭のくせがすごい若き超人たち。「いつまでも先輩正義超人に頼ってられないぜ〜っ!」と勇ましく迎撃体勢に入りますが、予想通りのやられっぷり(苦笑)。かなり残酷なやられ方であっという間に全滅です。そんな中、気になる台詞をはいたのがフック船長っぽい超人で、「この世の本来の支配者である我らオメガ・ケンタウルス星団の民」とのたまっておりました。これを見る限り、遠く偏狭の地にいた民族が、中央に進出して支配権を握ろうと実力行使に出た、という構図が見えます。ただそれがこのシリーズの中心的闘争テーマかといわれるとそうではなく、プロローグ的な行動目的であり、本来はもっと深遠なるテーマが潜んでいると個人的には思います。

 そんな中、虫けらのように蹴散らされた若き超人を見て立ち上がったのが、現役を引退したばかりのレジェンド・ウルフマン。浴衣を抜き捨て戦闘態勢になり次回に続く、です。

 ああっ! ウルフマンの死亡フラグが止まらない(苦笑)! こうなることは前回からわかってはいましたが、敷かれた地獄へのレールをあまりにも素直に進んでいくウルフマンに心配することしきりです。背中がゾワゾワします(苦笑)。これで死んだら何回目だよって感じだし(笑)。でも逆にこれでウルフマンが六槍客の一人でも倒したら、すごい祭りが起きそうだ。それこそジャンクマンが完璧始祖に勝ったとき以上の盛り上がりが期待できます(笑)・・・ないよな、うん、ない。

 ちなみに今回新しい超人がたくさん出てきましたが、個人的にはてんとう虫超人がスタイリッシュで好みです。シンプルな図柄でいくらでもカッコよく描けそうで、ブラックホール的なデザインの秀逸さを感じます。歯車の超人は構造上無理があるなあと笑ってしまいますね。あれ描くの大変そうです。6人全員に共通するのは、誰一人稼動する口をもっていないというところでしょうか。まあ中井先生は口がふさがっている超人を描くの得意そうだから大丈夫なんだろうけど。表情とかつけるの(笑)。

 その他気になった点は
・サタンはゴールドマンに見限られたんだ。
・アリステラとディクシアをきちんと描き分けているなあ。
・鯖を頭に乗せた若き超人よ・・・前衛すぎるだろ(笑)。
・来週、2、3の超人のデザインがまるっきり別人になってたら笑うなあ。
・いや、むしろゆで先生ならばそれをやっても許されるはず(笑)。
・しかしオメガの民は遠距離移動を苦にしないな。
・ウルフマンは「体がボロボロ」という設定で弱く描くのだろうか。

 こんなところです。

 

2017年7月31日  正義の5本槍!!
 オメガマンを中心とする破滅の6槍客に一人で立ち向かおうとするウルフマン。それを必死で止めるハラボテ委員長ですが、状況打破の選択肢が限られているため、ウルフマンは聴く耳を持ちません。四股を踏んで迎撃体勢に入ります。まずサンダーチックなライオンの超人に狙いをつけ張り手を一閃。すぐさまベアハッグに捕えます。その力を感じて若手超人との違いを認識したライオン超人はウルフマンの肩口に噛み付き攻撃。そのあとてんとう虫超人の強烈なローキック、フック船長のラリアートと、6槍客の攻撃リレーにあってしまいます。しかしここで踏みとどまる根性を見せたウルフマンは、再度ライオン超人にベアハッグ。やられっぱなしではない展開を見せるも、サグラダ・ファミリアに落下していた他の5超人はウルフマンを無視してお宝ゲットに向かいます。それにあせったウルフマン、一瞬の隙を見せてしまい、それにつけこんだライオン超人がウルフマンをかんぬきに捕えて逆に捕獲。ウルフマンは足止めを喰らう形に。

 その隙をついてお宝を狙う5超人でしたが、直前で何者かの妨害にあいます。彼らの進行を妨害した者とは・・・なんと誰もがびっくりのティーパックマン、カレクック、ベンキマン、カナディアンマンの4超人! 「正義の超人はお前だけじゃないぜ、ウルフマン!」と颯爽と登場し、それぞれが1体ずつ6槍客の足止めに成功しました。ちなみに彼ら4人が仕掛けた技は、

@ティーパックマン・・・ティーパック攻撃⇒両手両足が氷の超人
Aカレクック・・・羽折り固め的な関節技⇒てんとう虫超人
Bベンキマン・・・首四の字固め⇒歯車超人
Cカナディアンマン・・・カナディアンバックブリーカー⇒フック船長超人

です。そしてそれぞれの相手を蹴散らし、「この先を通りたくば、オレたちを倒してからにしてもらおうかーっ!」と啖呵をきります。強力(?)な援護射撃を得たウルフマン、自身を含めた5人で6槍客に立ち向かう決意をし、次回に続く、です。

 やってくれたね、ゆで先生。誰もが予想できない展開、誰もが予想できない助っ人人選。スタートダッシュで盛り上げる術を熟知しているというか、もう脱帽ですよ。ティーパックマンのティーパックが出た瞬間、誰もが頭に彼の姿を思い浮かべたと思うんですけど、意外すぎて頭が理解できずに一度「いやいやいや、まさかね」と消去しかけましたよね(笑)? 私もそうです。エッヘン(笑)。でも現実に彼は登場してしまったわけですよ。エキストラの端役ではなく、1ページまるまる彼のみで、ドーンと。まさかティーパックマンがこんな扱いをうける日が来るなんて、ノストラダムスでも予言できなかったと思いますよ(笑)? もう一度いいますね。あのティーパックマンがまるまる1ページドーン! です。1ページ全体で彼以外いません。オンリーです。破格です(笑)。

 意外すぎる展開で脳みそが追いつかないうちに、さらなるダメ押しがカレクック、ベンキマン、カナディアンマンの登場です。もう笑いが止まらないですよ、オールドファンは。そしてあの5人で敵方と対抗戦を行おうなんて勢いなもんですから、ますますヒートアップですよ。でも頭に「オマエら無謀だろ〜っ!」ってなツッコミが常駐してるんです(苦笑)。でも応援せずにはいられない。

 新しい軍団との対抗戦が起きたとき、選抜されるメンバーで盛り上がるのがこのマンガの醍醐味ですよね。悪魔超人編ではテリー、ロビン、ウォーズ、ブロッケン、ウルフのアイドル超人。悪魔種子編ではスカー、ケビン、バリはん、イリューヒン、ハンゾウのニューアイドル超人。無量大数編ではステカセ、BH、カーメン、アトランティス、魔雲天の悪魔超人軍。それぞれ登場したときのカッコよさ、衝撃といったらなかったのですが、今回は大変化球ですよ。でもたまらんなあ(笑)。

 今回の人選での特徴は、近年ピンでスピンオフ読切が掲載された超人が多いということですよ。ベンキマン、カレクック、ウルフマンがそうですよね。その余韻を活かしての人選なのでしょう。カッコよさ5割増になってる今しかないぞ、って感じ? ただ残りのティーパックマンとカナディアンマンはどういった理由なんですかね。どうやらオリンピック本選出場者というしばりを設定したようなので、そこからの人選になるわけですが、その中で知名度といじられ度がナンバーワンのカナディアンマンという結果なのでしょう。そろそろカッコイイ彼を描いてみたくなった、というゆで先生の願望もありそうです。一番の衝撃はティーパックマンですね。その他候補はスカイマン、チエノワマン、キングコブラ、キューブマン、ウォッチマンですから・・・ライバルはスカイマンくらいか(笑)。デザインがかわいらしいのと、ティーパックという武器に拡がりがありそうだから、というところでスカイマンに勝利、といった感じでしょうか。個人的にスプリングマンに共通するかわいさを感じますからね、彼には。ちなみにペンタゴンは前シリーズで格が大幅アップしてしまったので、今回は候補に入らなかったのでしょう。

 そして話の流れは対抗戦になりそうなんですが、全敗必死ですよね(苦笑)。ただ5人いるので一人くらい勝ってもいいかな、って感じなんですが、負けた超人にすごいレッテルが貼られそうでかわいそうでもあります。「あいつベンキマンに負けたやつだよ」みたいな(笑)。個人の予想ですけど、1試合2話くらいのテンポのいい試合が5試合あるんじゃないかなあと思っています。そしてその中で彼らへっぽこ5人衆(笑)の新しい魅力を振りまいて散っていく、といった展開になるのではないでしょうか。とにかく次回から目が離せないことは確かですね。

 その他気になった点は
・とたんに眉尻が上がったウルフマン。
・ウルフマンが攻撃リレーされる様は、5重のリングではじめにボロボロにされたブロッケンを思い出すな。さすがタッグパートナー(笑)。
・ものすごくバンプアップしたティーパックマン。肉体改造に成功か。ライザップ(笑)?
・「捲土重来」という言葉が大好きなカナディアンマン。
・カナディアンマンの頭が禿げてる感がすごい。
・軍団のセンターがティーパックマンという奇跡。そう、僕らは今奇跡を体感している(笑)。
・ティーパックマンが男前になっている。
・ティーパックマンの頭はタザハマさんから返してもらったのかな(笑)?
・ベンキマンがインテリに見える。
・カレクックのポーズが達人じみている。
・オメガマンは高みの見物かな?

 こんなところでーす。

 

2017年8月7日  発令!"惨殺"命令!!
 素敵すぎる(笑)助っ人正義超人たち。オメガマン・アリステラに「ザコども」呼ばわりされた正義超人軍ですが、心意気に免じて1対1の対抗戦の流れとなりました。ただしアリステラからは「惨殺の刑に処す」というおっかないオプション付です(苦笑)。5人が5人ともひどい負けっぷりを披露することになるんでしょうか。へっぽこ正義超人軍団の保護者である我々(笑)としては、彼らの行く末が心配でなりません。でも直前で殺された若き超人たちがすでにこれ以上ないくらいの惨殺をされているので(笑)、あれよりひどいやられ方はさすがにないだろう、なんて思ったりもしています。

 それ以前に彼ら5名は過去にそれなりの惨殺の憂き目にあっているので、耐性があるんじゃないかと(笑)。ウルフマンはバラバラにされているし、ティーパックマンは首をもがれている。しかも中の紅茶までウォーズマンに飲まれている(笑)。さらにタザハマさんには残りを長時間かけて飲まれている。カナとカレクックは悪魔騎士編で生命維持装置が破壊されてひからびてるし。そんな感じでね、「オレたちはそんな惨殺じゃあ物足りないぜ!」なんて食ってかかったら素敵だなあと(笑)。

 そして都合よく設置されていた5つのリングにオメガ軍団は降り立ち、正義超人軍団を待ちます。正義超人軍団は「最初に止めた相手と勝負!」ということで、それぞれのリングに散っていきました。そして5つの対戦カードが成立。その流れでオメガ軍団の超人それぞれが名前を名乗るという展開になりました。カードを列記すると

@ティーパックマンVSヘイルマン(笑い声:キカキカ)
AカレクックVSマリキータマン(笑い声:ヒュヒュヒュ、フィフィフィ)
BベンキマンVSギアマスター(笑い声:ギュイギュイ)
CカナディアンマンVSパイレートマン(笑い声:ムマムマムマ)
DウルフマンVSルナイト(笑い声:ガウガウ)

となります。新鮮なカードが並びますね(笑)。そんな中、カナディアンマンが悲愴ともいえる決意を口にしています。「見てろよ、スペシャルマン! オレはここで必ず勝って、ひと旗カナダ国旗を揚げてみせるーっ」といったものです。ここでスペシャルマンの名前が出てくるのが泣けてきますよね。ビッグボンバーズの絆って深いんですね。

 一気に5つの試合が始まった直後、サグラダ・ファミリアの地にあるモニターが突然映像を流します。そこには買い物スタイルで新宿にいるスグルの姿が。なぜスグルが? という謎かけで次回に続く、です。

 始まりましたね〜対抗戦。アリステラの「惨殺」命令が厳しいですが、意外と正義超人やってくれるんじゃないかと思えてきました。そう思った要因は、アリステラ達が彼らを舐めきった発言をしているところです。「ザコ」「ゴミ」といった暴言ですね。これって正義超人が勝ったときのカタルシスを狙った前フリじゃないのかなあ? なんかベンキマンとウルフマンは勝てるんじゃないかと思い始めてきました。特にルナイトは今回から妙にザコ臭が漂い始めているんで(笑)。2勝3敗なら一応新参超人軍の勝ち越しになるし。へっぽこ超人の意地も示せる。

 アリステラの野望は地球の支配者になることのようで。それを邪魔する連中は皆殺しというマニフェストです。う〜ん、浅い! 野望が浅い! イコール彼らはザコだ。オープニングの先遣隊だ・・・と感じています。

 そして最後のスグル。彼が今なぜに登場したのか。格好を見る限り、新宿で買出しをしていたような感じですね。リュックや手提げ袋から色んなものが飛び出してる(笑)。買い物に夢中になっていて叙勲式をすっぽかした、てな感じですかね? ただ戦闘地区と距離的に離れているのですぐには合流できそうにありませんが・・・。

 その他気になった点は
・ヘイルマンが奇面組の出瀬潔に見えてならない(笑)。
・高みの見物のアリステラ。一人でお宝ゲットしに行け。
・ルナイトがライオン系からずいぶんと変わって狼系になった。黒目も出てきた。
・啖呵を切ったティーパックマンのポーズ、カッコいい! 似合わないけど(苦笑)。
・ベンキマンがクレバーに見える。頭にウンチ載ってるのに(笑)。
・ルナイトに格負けしてないぞ、ウルフマン!
・なぜ都合よくサグラダ・ファミリアにモニターが?

 こんなところです。

  

キン肉マントップにもどる

トップにもどる