ここでは『オレ流超人批評』で公開されている各超人イラストを一堂に集め、製作時のコメントなどを入れてギャラリーにしてみました。アキラがどのような思いで超人を描いていたのかを楽しんでいただければ幸いです。
 

 

 

 

 

ウォーズマン

慣れないペンタブレットで描いたので、線が震えています(笑)。グラデの使い方もよくわからず、試行錯誤しているのが見えますね。

ザ・ニンジャ

紙にマジックでキュキュキュ〜と描きました。初登場時のデザインですね。実は1分で描き終えました(笑)。

ミスターカーメン

マジックシリーズ第2弾です。頭の蛇が相当いいかげんですね(笑)。ややツリ目のカーメンです。

 

テリーマン

これもマジックですね。ちょっと鼻が反り返ってしまいましたが。昔はもっとうまく描けたんだけど(苦笑)。

ブロッケンJr

紙に描いた下絵をスキャンし、ペイントで色をつけました。保存の設定で失敗し、変な模様がついちゃいました。

サンシャイン

これも下絵のスキャン+ペイント彩色です。ちょっとツリ目ですね。格子模様がかなり適当ですね(笑)。

 

ラーメンマン(withモンゴルマン)

ペンタブとフォトショエレメント(以下PSE)で作成。肌つやの表現がなんとも下手くそです。後ろのモンゴルマンも亡霊みたい(苦笑)。

ロビンマスク

これは下絵のスキャン+PSEでの彩色です。逆光効果を初めて使用してみました。ま、まぶしい!

アシュラマン

初めてGIFアニメに挑戦してみました。完成時、あまりのバカバカしさに感動した記憶があります(笑)。ぼかしの技術もまだまだですね。

 

ミートくん

ペンタブで丸を描くのが難しく、なんども輪郭を描き直した記憶があります。結局歪んでるし(笑)。

キン骨マン

コミックス6巻当時のキン骨マンですね。顔長いな。銃が相当テキトーですが(笑)。無駄なグラデ入ってるし。

スカーフェイス

GIFアニメでベム→イケメンにしようと思ったんだけど、めんどくさくて止めました(笑)。レイヤーをうまく使えず、まだぼかしが下手くそです。

 

ボーン・コールド

いいかげん彩色のテクを身に着けようと、ネットで解説を見ながら4時間くらいかけて描きました。何度ブラシで重ね塗りをしたことか(泣)。

バッファローマン

前回のボーン・コールドで疲れたので、アニメ調に逃げました(笑)。濃い・中間・薄いの3色で仕上げています。

ネプチューンマン

これもアニメ調ですが、マスクと鋲だけグラデ&重ね塗りをしています。でも金髪の表現がどうにも下手くそだなあ(苦笑)。

 

ハンゾウ

ぼかしの技術がなんとなくわかってきたので、陰影による質感が表現できるようになりました。めんどくさいんだけどね(笑)。

キン肉マン ソルジャー

ちょっと顔が歪んでいるアタル兄さんです。迷彩服のぼかしがテキトーですね。ええ、手を抜いてしまいました(笑)。

ウルフマン

アニメ調ウルフマンです。乱入コンビにのされる直前の、戦闘意欲満々のころですね。細かくないので楽チンでした。

 

悪魔将軍

将軍サマの白銀の鎧をなんとか質感よく表現しようと、ぼかしを多用しました。背後からは後光が差し込んでおります。

ジャンクマン

ジャンクマンって何色だったっけ…?と悩んでしまいました。よくわからないので、とりあえずゲームの色を参考にしてみました。

スプリングマン

フリーハンドで描くといびつになると思い、図形描画を利用したのですが…安定感がない。額のSには浮き出し効果を使ってみました。

 

カナ・スペ

はぐれ悪魔コンビに間引きされたシーンをフィーチャー。彼らのダメっぷりが表れていて、けっこう気にいってます(笑)。

ジェロニモ

アパッチのおたけびを実演中です。手首のモサモサ(笑)の質感がイマイチかなあ。

カメハメ

腕の筋肉の質感をブラシの陰影のみで表現してみましたが、もう少し色を増やしてもよかったですね。まあめんどくさかったわけですが(笑)。

 

イリューヒン

金属の質感を出すために、グラデを多用。接合部の黒ラインの下に白ラインを引いてさらに質感をUP。グラデ多用は時間かかりますね。

オメガマン

ホントはGIFアニメで目を点滅させようと思ったんだけど、めんどくさくなり却下に(笑)。背中の指と爪の質感はけっこういい感じかな?

マンモスマン

初登場時のシーンをモチーフに。毛皮の質感をもっとうまく出したかったんだけど、技術力がついていかず。もっと勉強します。

 

ペンタゴン

基本的に白いからね。逆に彩色が難しいんだけど。陰影で翼の質感を表現したんだけど、見るパソコンの輝度によっちゃ見えないかな?

ボルトマン

両肩にテカリと筋をいれて、電流タンクのような表現を狙ってみました。ドレッドヘアが細くて多くてめんどくさかったです(こればっか)。

プラネットマン

魔技・人面疽のシーンですが、おかげでたくさんの顔を描くはめに(笑)。各惑星はPSEのテクスチャを利用しました。

 

キン肉マン スーパーフェニックス

コミックスの表紙にあったポーズを手本にしました。肌色の選択が難しかったですね。全体的に暗くなっちゃったかな?

ビッグ・ザ・武道

気力があった(笑)ので、武道→ネプキンの変化アニメにしました。彩色もテカリが入り、なかなかいい具合だと思います。

ジェイド

コミックスの口絵が手本です。細かかったですが、ヘルメットや腹筋の質感がお気に入りです。ひそかにJの文字をヘコませています。

 

ジェシー・メイビア

こいつもイマイチ色がわからずとりあえず褐色にしとけ、みたいな(笑)。テカリも入れて、日サロ状態。ヘルメットにグラデを多用しております。

サタンクロス

原作デザインがコロコロ変わるので、模様がよくわかりません。浮き出し効果で適当に線をひきましたが。パーツごとにグラデも引いています。

ブラックホール

顔面の穴に宇宙を入れてみました。ベタだけどそれっぽいでしょ(笑)?ちょっとデカく描きすぎたかな?

 

ガゼルマン

人気投票で10位をとったときの、喜びのシーンです。筋肉の質感がいい感じにでたと思います。ライティング効果も与えてみました。

キン肉マン マリポーサ

褐色の肌をツヤツヤにしてみました。ちょっとブラザーじみてますが(笑)。衣装を赤にするか悩みましたが、爽やかさで白×青のコラボをチョイス。

乱入コンビ

本来水色ベースのスクリュー・キッドは金属感を求め銀色に。その分ケンダマンをアニメカラーの赤×青にしました。鉄球をもっとメタリックにしたかったが、技術が伴わず(笑)。

 

ステカセキング

箱型キャラのため、ラインを図形描画で引きました。またグラデで金属感を出しています。個人的には目のぼやけ光り具合が気に入ってます。

ヒカルド(サブミッションアーティスト)

パーツが細かいので、彩色に難儀しました。本当はこの絵にヒビを入れて悪行バージョンに変化させたかったけど、いつものように気力が…

ヒカルド(ロード・オブ・ダークネス)

寒々しい感じの紫がかったボディがなかなか難しかったです。正義版共に血管を浮かせてみました。けっこうイイ感じだと思います。

 

ミキサー大帝

中身がスカスカなので、間をもたせるために、邪悪五神の合体版をフィーチャー。その分めんどくささUP(笑)!曲線がうまく引けません…

キン肉マン ビッグボディ

ピンク色の肉体が気味悪いです(苦笑)。テカリと血管浮きで、強靭な肉体を表現。鉄仮面はもう少しメタリックにしたかったなあ。

ペンチマン

ペンチの質感をだすためにグラデを多用。褐色の肌に白い歯が超セクシー(笑)。無精ひげでさらにダンディさUP!こんなにイケメンだったの!?

 

レオパルドン

超人界のレオ様が、覆面に隠れた素顔をうっすらとご開帳。中井画伯が省略した伊達男の部分を補ってみました(笑)。銃火器のグラデがめんどくさかったです。

ゴーレムマン

口数少ない受け口さんですが、ホントは優しいんです。レンガチックな装甲を、凹凸加工で表現してみました。レオ様同様、中井画伯が省略した部分を補正しました(笑)。

キャノンボーラー

涼しげな二重まぶたさんをやや下からのアングルでご提供。石ころの色はよくわからなかったのでテキトーです。やはり中井画伯の省略部分を自動補正(笑)。

 

スニゲーター

爬虫類の皮膚を、エンボス効果で表現。もっとうまい方法あるんだろうけど(苦笑)。スニーカーの紐がめんどくさかったです。

チェック・メイト 

鎧が赤なのか黒なのか、肌が肌色なのか紫なのか公式設定がよくわからず、個人的好みで黒×肌色にしました。鎧のテカリ具合が気に入っています。

プリズマン 

幾何学系超人のため、ラインは図形描画で。面ごとに色分けし、透過率を設定して色塗りをするなど、意外と手間がかかっています。

 

アトランティス

例の名シーンを描きたかったのですが、構図が合わず却下(泣)。歯のキザギザが一番めんどくさかったっです。

ザ・魔雲天

テリーを圧殺する直前です。背後から光を射してみました。テリー視点だとこんな感じかな、なんて。岩肌と柔道着にそれぞれテクスチャを貼って雰囲気をだしました。

 キン肉マンゼブラ

線が少なく楽勝かと思ってたら・・・ゼブラ模様が地味にめんどい(苦笑)。徐々に黒くなる属性チェンジのシーンを画策したのですが、アニメがめんどくさくてボツ(笑)。

 

ハラボテ・マッスル

歴史書をめくるハラボテです。線が単純なので、楽チンでした(笑)。みんなこのくらいだったらいいのになあ。

ブロッケンマン

“ギラ”という狂気さをくどいほどの光で表現しました(笑)。オリジナルの色がよくわからなかったので、アニメ色を参考にしました。

パルテノン

直線を味が出ると思ってフリーハンドで書いたら大変でした。ひび割れにハイライトを入れたら後戻りできずに長時間作業勃発(笑)。でも質感がでました。

 

オレ流超人批評へもどる

トップへもどる