オレ流超人批評

第15回 ネプチューンマン

攻めるも守るも全てがパーフェクト!

強烈なる選民思想を持つ完璧超人!

気安く話しかけるんじゃないぜ、この下等超人が!!

What's ネプチューンマン

名   前

ネプチューンマン

出   身

イギリス

超人強度

2800万パワー

必 殺 技

喧嘩ボンバー
喧嘩スペシャル
Wレッグスープレックス

主な戦績

ロビンマスク●
超人師弟コンビ○
(ヘル・ミッショネルズ)
2000万パワーズ○
(ヘル・ミッショネルズ)
マッスルブラザーズ●
(ヘル・ミッショネルズ)
ジ・オメガマン●
 

 

 ネプチューンマンは『夢のタッグトーナメント編』で、「完璧(パーフェクト)超人」のボスとして初登場しました。変なフードを取り去って登場したそのデザインは、当時の人気レスラーであったハルクホーガンそのままであり、筋肉の描写からも他の超人との差別化を図ろうとしていることがよくわかりましたね。この容姿から、新キャラを強烈にアピールしなければならないという、作者ゆでたまごの意気込みを感じさせずにはいられませんでした。

 彼を語る上で外せないのは、「完璧超人」という超人カテゴリーです。当時『キン肉マン』という作品には「正義超人」「悪魔超人」「残虐超人」とう3つのカテゴリーが存在していましたが、前シリーズの『黄金のマスク編』で、悪魔超人の首領である悪魔将軍を降し、正義と悪魔の抗争に一段落がつきました。というわけで、作者ゆでたまごとしては、それに変わる新しいキャラ設定が必要になったわけです。それが正義と悪魔を超越した「完璧超人」でした。

 「完璧超人」のアイデンティティは、その強烈なる選民思想につきます。自分達が超人界において実力・品位・風格ともにナンバーワンであるということを自負し、他の超人たちを「下等」呼ばわりしたのには、子どもながらに腹が立ちましたね(笑)。ロビン・ウォーズマン・モンゴルマン・バッファローマンといった既出のキャラたちは、『キン肉マン』という作品において確固たる実績を積み重ねて現在の地位を築いたというのに、こんなポッと出の新キャラに「下等」呼ばわりされたのです。

 長年慣れ親しんだキャラを侮辱するんじゃない、という怒りにも似た感情が湧いてきたのですが、これって作者の思惑通りですよね。ホントに単純でいいお客さんですよ。しかし不快に感じながらも、頭の中では冷静に理解しているんですね。このシリーズのボスキャラが彼ら「完璧超人」であり、既出の超人たちは噛ませ犬になるんだなあということに(笑)。

 特に「完璧超人」たるものが何であるかを表現するためには、初戦のインパクトが大事です。「完璧超人」がいかに優れているかを証明する必要があるからです。その生贄になったのが、優勝候補の大本命といわれていた、ロビン&ウォーズマンの「超人師弟コンビ」でした。優勝候補が完膚なきまでにやられるという、あまりにもわかりやすくも酷い展開に涙したものです。特にウォーズマンの噛まされ具合は正視にたえませんでした(ウォーズマン「アワワ」事件)。バッファローマン戦に続き、あれで完全にウォーズマンは噛ませ犬グセがついてしまいました。

 また、彼は戦闘時における感情・精神面においても、他の超人と一線を画しました。つまり今まで物語をドラマチックに盛り上げる要因になっていた怒り・悲しみ・涙・友情といった感情を、不要なものとして全て否定したのです。彼は対戦相手の感情の起伏が激しくなれば激しくなるほど、それを上回る憎たらしいくらいの冷静さで相手を封じ込め、己の個性を表現しています。自身が既出の超人たちよりもワンランク上であることのアピールに他なりません。

 そしてなんといっても、トーナメント全体で行われた「マスク狩り」が彼の個性を強烈に後押ししています。「マスクというものは、選ばれた本当の実力者が身につけるもの」というのが彼の持論らしく、そのコレクションに異常な執着を示しています。ロビン・ウォーズマン・モンゴルマンと、次々とマスクを狩られる正義超人軍団。残るは主人公キン肉マンのマスクのみとなりました。

 物語りも佳境に入った頃、ジャンプの企画で「キン肉マンマスク狩りポスター」なるものが付録でついたときがありました。この予告が出たときは色めきたちましたね(笑)。「キン肉マンの素顔を大公開!」なんてあおってるんですよ!確か夏休みだったと記憶しているのですが、その号がでるまでず〜っと楽しみで。発売日になって、ワクワクしながらポスターをみると、そこには真っ黒に顔が塗られたキン肉マンが立っていました。なんじゃこりゃ〜!!って、日本中のキン肉マンフリークが突っ込んだ瞬間でしたよ(笑)。

 ちょっと話がそれましたが、この「マスク狩り」という要素は、それくらいストーリーにドキドキ感を与えたヒット企画だった思いますね。ネプチューンマンの強さと非情さをよく表す要素にもなっていました。ただアシュラマンの3面までがマスクだったという事実はちょっと強引でしたけどね。また、話が進むにつれてマグネットパワーやアースパワーなど、彼のスペックは際限がなく上昇していきました。もはやなんでもありな状態だったといえましょう。

 しかし彼の「完璧超人」としての実力・精神・品格が通用したのは、決勝戦の1ラウンド目まででした。相方のビッグ・ザ・武道の正体が、実は彼の師匠であったネプチューン・キングであることが判明すると、彼のアイデンティティは急速に崩壊しはじまめす。彼のこの豹変振りには、はたから見ていてもビックリさせられました。今まで家来のように扱っていた武道に、いきなり敬語を使い始めたものですから、はじめは何が起きたかよく理解できませんでしたね。

 そこからの彼はもう、下り坂を転げ落ちるようでした。それまで「完璧超人」のボスとして表現されてきた風格や言動、強烈な選民思想が、みるみるうちにしぼんでいったのです。常に冷静であった表情には苦悶や焦燥感が多く表現されるようになり、うろたえるシーンが多くなりました。感情の起伏を弱者のシンボルとして「下等」呼ばわりしていたのに、今度は一変して彼がその「下等超人」の領域に足を踏み入れてしまったのです。

 最後の最後で弱さを露呈してしまった彼は、その後『王位争奪編』で復活しますが、デビュー当時の強さを復活させるには至りませんでしたね。キン肉マンチームの助っ人として現れたのはいいものの、やはり彼の個性はその選民思想であり、非情さであり、強烈な品格といった「完璧超人」の定義そのままなので、それをまったく失ってしまった彼は、はっきりいって抜け殻でした。これでは魅力あるキャラにはなれないんですよ。思ったとおり彼はフェニックスの小細工に翻弄され、SMチックな縛られ姿を披露する醜態をさらし、その存在が消えるという、なんとも無残な扱いを受けてその超人人生を終えることになります。

 そう考えると、彼は自分の個性を途中ですべて剥奪された、可哀想なキャラであったことがよくわかります。彼の強さのグラフはまさしく「へ」の文字であり、その最高点が「武道=ネプチューン・キング」をカミングアウトされた瞬間だといえるでしょう(笑)。せめて小ずるいフェニックスを「この下等超人が!」と罵倒するくらいの威厳をまだもっていたら、もう少し違った人生の幕引きをしていたように思います。

(2004年11月27日)

オレの超人強度は1000万パワーだ!!前の超人にもどる 次の超人にすすむト〜トトトト

ポチっとね。 キン肉マンだけじゃもったいない! 他にも笑えるコンテンツ満載です!
 ここから『オレ流ホームページ』の全貌を知ろう!

トップにもどる

超人批評のトップにもどる