大相撲刑事

1992(平成4)年 第43号

 

大相撲刑事 週刊少年ジャンプ1992年43号

 

 

解    説

『ジャンプGAGキング』という漫画賞からのデビュー組である、ガチョン太朗の『大相撲刑事』。ぶっちゃけよく覚えていませんので、そこまでのめり込まなかったと思います。個人的に漫☆画太郎系の、絵柄が下品で汚い路線でのギャグはあまり好きではなく(ファンの方ごめんなさい)、そういった理由でこの『大相撲刑事』も敬遠されたのだと思います。

まあそもそも『GAGキング』という賞自体が、既成概念にとらわれない笑いを発掘していこう、的な目的で創設されたので、アバンギャルドな作品が集ったのかな、とも思います。

 

 

つぎにすすむ

オレジャントップへもどる

トップへもどる