幽遊白書

1991(平成3)年 第52号

 

幽遊白書 1991年第52号

 

 

解    説

霊界探偵といったキャラクターで、ハートウォーミング的な話も混ぜつつそのストーリーを展開していた『幽遊白書』ですが、このころからはすっかりと格闘マンガに路線が変わっていました。今回は最初の大きな壁である戸愚呂(弟)の力をまざまざと見せつけられ、まさしくorzの体勢になってしまった幽助が描かれています(笑)。ストーリーも人間の暗部をだんだんと描写していくようになり、冨樫義博イズムが徐々に発揮されてきたなあという感じでしたね。
 

 

つぎにすすむ

オレジャントップへもどる

トップへもどる