ペナントレース やまだたいちの奇蹟

1991(平成3)年 第36・37合併号

 

ペナントレース やまだたいちの奇蹟 1991年第36・37合併号

 

 

解    説

『山下たろーくん』の次に連載された『やまだたいちの奇蹟』です。『山下たろーくん』の舞台をプロ野球にしただけのように見えるその内容に、正直いって唖然とさせられた記憶があります。こせきこうじ、度胸あるなあって(笑)。

しかしこせきこうじという方は、主人公をどん底の底辺に据えるのが得意ですよね。今回のたいちも、どうしようもないくらい底辺です(笑)。しかも双子の弟の方はイケメンスーパールーキーに設定するという比較論法。徹底しています。劇中内の新聞記事もメタクソですよね。あんなトーンで記事を書くマスコミなんて、さすがにないっての(笑)。

まあ主人公を底辺に置けば置くほど、活躍したときのシーンが痛快になりますから、やりやすいんでしょうけど。でもこせきこうじはこのパターンばっかりだよな(苦笑)。まあこういうドロくさい感じも嫌いではないので読んじゃいますけど。ちなみに彼の作品では『スクラム』というラグビーマンガが個人的に好きです。

 

 

つぎにすすむ

オレジャントップへもどる

トップへもどる