聖闘士星矢

1990(平成2)年 第21・22合併号

 

聖闘士星矢 週刊少年ジャンプ1990年第21・22合併号

 

 

解    説

『聖闘士星矢』の人気もピークを過ぎ、下降線をたどってきました。この「ハーデス編」は途中で終わってしまいましたからね。もし人気が続けば、その後は「ゼウス編」があったんでしょう。おそらくは。
この号では冥王ハーデスと黄金聖闘士・シャカとのご対面がありました。シャカは黄金聖闘士12人の中でもやはり別格だったのか、活躍シーンが多いですね。この頃のシャカの目は白目じゃなくて黒目も存在し、以前一輝と闘ったときの不気味さと比べると、格段にカッコよくなってます。
 

 

つぎにすすむ

オレジャントップへもどる

トップへもどる