まじかる☆タルるートくん

1990(平成2)年 第13号

 

まじかる☆タルるートくん 週刊少年ジャンプ1990年第13号

 

 

解    説

今回は雪合戦です。こういう勝負ネタのときって、かならず原子が張り切るんだよなあ。しかも「世界Jr.○○選手権優勝」という肩書きを持っているのがお約束でした。今回の肩書きは「世界Jr.雪合戦争最優秀参謀」だそうです(笑)。

でもって、このマンガで気になるのが、その性的表現なんですよ。一応少年誌ということで控えめにしている(そうでもなかったか)そぶりは見えるのですが、そこかしこにエロに関する暗喩が盛り込まれているように感じるんですね。例えば今回は人質になったヒロイン・いよなちゃんのセリフですよ。

「つきつける銃口」
「たれてくる雫」
「びしょびしょ」
「撃っていいわよ」

どうですか、これ。オレの考えすぎですかね。いいや、江川達也は確信犯だよな。

 

 

つぎにすすむ

オレジャントップへもどる

トップへもどる