聖闘士星矢

1989(平成元年)年 第45号

 

聖闘士星矢 週刊少年ジャンプ1989年第45号

 

 

解    説

ハーデス編も中盤にさしかかった『聖闘士星矢』です。この頃になると人気もピークを過ぎたというか、昔の勢いはなくなってきました。ただストーリー上はこのハーデス戦こそアテナの聖闘士の、本来戦うべき相手なんですよね。その前の黄金聖闘士編はサガのクーデター(内乱)だし、ポセイドン編はカノンの陰謀だし。どっちかっていうと、主たるテーマの戦いじゃないというか。でもその主たる戦い(ハーデス編)の方で人気がでないというのも、なんとも皮肉なもんですが。
 

 

つぎにすすむ

オレジャントップへもどる

トップへもどる