こち亀

1989(平成元年)年 第45号

 

こち亀 週刊少年ジャンプ1989年第45号

 

 

解    説

ニューハーフ警官・麻里愛が初登場した頃の両さんです。彼女(?)の登場のおかげで両さんの恋愛ストーリーが少し動きかけたんですけどね。麗子との微妙な関係とか。そろそろ両さんの結婚もアリかなあなんて期待したんですが、そうもうまくいかなかったみたいで。

この麻里愛というキャラは、登場後それなりに個性を発揮して『こち亀』のストーリーの幅を広げてくれましたが、神様によって本当の女性になってしまった後は御役御免というか、ただの一女性脇役キャラになってしまいました。オカマという個性が奪われてしまったので当然ともいえますが。

ちなみに現在(2005年)、作者の秋本治が一番力を入れている女性キャラは、超神田寿司の擬宝珠纏(ぎぼしまとい)みたいですね。もう麗子の影もすっかり薄くなったもんなあ。

 

 

つぎにすすむ

オレジャントップへもどる

トップへもどる