てんで性悪キューピッド

1989(平成元年)年 第37号

 

てんで性悪キューピッド 週刊少年ジャンプ1989年第37号

 

 

解    説

『幽遊白書』『HUNTER×HUNTER』といった人気作をもつ、冨樫義博のデビュー作です。まあ主人公が悪魔の女の子という意外は、普通にラブコメです(笑)。その後の富樫作品に見られる、緻密な設定や伏線といったものはまるでありません。あと内容がエッチでしたね。脇役の名前もなんか…下ネタ入ってるし。紀藤(亀頭?)と柿杉(かき過ぎ?)だもんなあ。
 

 

つぎにすすむ

オレジャントップへもどる

トップへもどる