恐竜大紀行

1988(昭和63)年 第52号

 

恐竜大紀行 週刊少年ジャンプ1988年第52号

 

 

解    説

ジャンプではたまにこういった学習マンガチックなものを連載するんですね。だいたい短期打ち切りで終了してしまうんですけど。この『恐竜大紀行』もご他聞にもれずあっという間に終わってしまいました。

当時はあまり気にしていなかったんですけど、今こうしてみると、随分と丁寧に描き込んであるんですよね。作者はいろいろな資料をひっくり返して描写したんだろうなあというのが良く分かります。擬人化したストーリーもちょっと滑稽ですが、それなりに楽しいです。聞くところによると、この『恐竜大紀行』のコミックスは絶版で数が少なく、けっこうなプレミアがついているみたいですよ。

 

 

つぎにすすむ

オレジャントップへもどる

トップへもどる