魔神竜バリオン

1987(昭和62)年 第32号

 

魔神竜バリオン 週刊少年ジャンプ1987年第32号

 

 

解    説

黒岩よしひろという人は、桂正和と並んで、王道ヒーロー物を描いていたマンガ家です。3作くらい連載したと思うんですが、すべてが短命でした。

この『魔神竜バリオン』も、永井豪の『マジンガーZ』をフィーチャーした巨大ロボット物だったんですが、振るわなかったですね…。

おそらく黒岩よしひろはという人は、細かい設定と壮大なストーリー構想を毎度作っている人だと思うんですよ。悪の組織図とか、四天王とか、各々の必殺技とか、その名前とか。でも悲しいかな、いつもそれらを出す前に連載が終了してしまうんですね(泣)。四天王がでた〜! でもまた会う日まで! みたいな(笑)。

だから一度、人気度外視で一本、思う存分に描かせてあげたかったですね。

 

 

つぎにすすむ

オレジャントップへもどる

トップへもどる