パンクラボーイ

1987(昭和62)年 第13号

 

パンクラボーイ 週刊少年ジャンプ1987年第13号

 

 

解    説

『コマンダーゼロ』『学園情報部HIP」などを過去に連載していた、富沢順の格闘マンガです。当時は前田日明率いる格闘色の強いプロレス団体である「UWF」が隆盛をほこっていて、それに富沢順が触発されたのではなかろうか、というマンガでした。

まだまだプロレスが「総合格闘技」「地上最強」といった幻想が通用していた時代なんですね・・・オレもそう思っていたのに・・・後に「アルティメット大会」なんてでてきちまったもんだから・・・その後「PRIDE」ができて、現在に至るわけですよ。プロレスラーには辛い時代になりました。

話が脱線してしまいましたが、格闘物ということで少しは期待していたのですが、残念ながらすぐに終わってしまいました。ちなみに主人公の獣太が「NTTに〜」といっているセリフがありますが、当時はバブル経済が真っ盛りで、民営化間もないNTTの株がとんでもなく値上がりしていたころなんですね。一株119万円という、狂った値がついていました。それだけに一流企業=NTTといった構図がでてきたわけなんですね。

 

 

つぎにすすむ

オレジャントップへもどる

トップへもどる