キム皇のファミコン神拳110番

1986(昭和61)年 第31号

 

1986年第31号キム皇のファミコン神拳110番

 

 

解    説

当時はファミコン全盛期でした。特にファミコン初の本格的RPGである『ドラゴンクエスト』が発売されたこの当時、みんな血眼になって遊んだものです。

ジャンプでは特にファミコンの情報がイチ早く紹介されていました。そして有名な『ファミコン神拳』のコーナーができたわけです。これはゆう帝(堀井雄二)・ミヤ王・キム皇のゲームクリエイター3人が編集していた企画で、ドラクエ関係の情報も詳しかったです。まあ作者の堀井雄二がいたから当たり前なんだけどね。

ちなみにてつ麿というキャラもいましたが、覚えている人はいるのでしょうか?

 

 

つぎにすすむ

オレジャントップへもどる

トップへもどる