ガクエン情報部H.I.P

1985(昭和60)年 第20号

 

ガクエン情報部HIP 週刊少年ジャンプ1985年20号

 

 

解    説

私が好きなので、また掲載です(笑)。このあたりから最終回へと向かいます。ヒロインの遊子さんの父親が実は教育界の重鎮で、生徒を型にはめようとする教育法に彼女は反発し、周りの生徒も一緒になって対抗するといったありがちな(笑)図式です。この権威・権力に青臭く抵抗するという図式は富沢先生の真骨頂でして、その後のマンガでもそういったテイストは受け継がれていきます。青年の主張っていうのかな。当時の富沢先生の性格でもあったんでしょうね。青臭いけど嫌いじゃないです。
 

 

つぎにすすむ

オレジャントップへもどる

トップへもどる