こち亀

1984(昭和59)年 第49号

 

こち亀 週刊少年ジャンプ1984年49号

 

 

解    説

両さんが大金をせしめるというネタは何回かあるんですけど、そのたびに派手な散在をして一瞬にして消えるというパターンが王道でした。しかしこの回は少し変化球で、部長が薦める堅実な貯蓄を選択する、という意外なパターンでした。でも結局は欲が出て利殖サギに引っかかるというオチ(笑)。この利殖サギ師の顔とかすごく好きでね。いい顔してません(笑)?

あとこち亀では有名な「インチキ堂」の親父。あれもいいキャラです。大好きです(笑)。でも本当は「インチョキ堂」という店名なんですよ、たしか。小さい「ヨ」が落ちちゃったんですね。看板から。

 

 

つぎにすすむ

オレジャントップへもどる

トップへもどる