Dr.スランプ

1984(昭和59)年 第1・2合併号

 

Dr.スランプ 週刊少年ジャンプ1984年第1・2合併号

 

 

解    説

もはや国民的マンガ・アニメの認知度を得ていたころのDr.スランプです。作者が作中で「もうネタがない」みたいな弱気な発言をしていたりして、自虐ギャグとはいえ週刊連載の辛さを垣間見ることができます。内容は10年後のペンギン村を見に行く、といったもので、キャラクターがそれぞれわかりやすい結婚をしているのが笑えるところです。ハゲたスッパマンとかも哀愁をさそいますね。それ以上に哀しいのはドクターマシリトか(笑)。モデルの鳥嶋さんは集英社の偉い人になったのになあ。ちなみにこの2年後の『ドラゴンボール』にて、このペンギン村をまた見ることができます。
 

 

つぎにすすむ

オレジャントップへもどる

トップへもどる