こち亀

1983(昭和58)年 第47号

 

1983年第47号こち亀

 

 

解    説

2色カラーのときのこち亀って、見開き扉が多いんですよね。今回もそのパターンです。話の内容は峠の走り屋VS鬼の交機といった形で、本田が主役の回ですね。オチは峠の走り屋の正体が、実は予備校生だった、というギャップオチでした。

個人的には予備校の壁に貼られている時間割に興味があります。「シュークリームの作り方」とか受験にどうでもいいカリキュラムが並んでいて、しかも各講師が当時の秋本プロのアシスタントさんになっています。こういった壁の落書き的な楽しさも、こち亀を読む上での醍醐味ですよね。

 

 

つぎにすすむ

オレジャントップへもどる

トップへもどる