天地を喰らう

1983(昭和58)年 第27号

 

1983年第27号天地を喰らう

 

 

解    説

『三国志』を本宮流に少年誌アレンジした作品『天地を喰らう』です。歴史スペクタクル漫画のカテゴリーに入るとは思うのですが、序盤は天上界がどうの、龍がどうのと、かなりファンタジー色が強いです。しかしそれ以降は随所にアレンジが入るものの、ある程度『三国志(演義)』を踏襲していたように思います。

3週連続の巻頭カラー、31ページのオールグラビアといった破格のスタートを鑑みるに、本宮ひろ志はおそらくこの作品をライフワークにしようとしていたんじゃないかなあと勝手に思っています。まあ長い話ですからね。横山光輝の『三国志』並みに長くやる覚悟はあったんじゃないですかね。

しかし哀しいかな、チビっ子読者にはまだまだ話が難しすぎたようです。作者・編集部の意気込みとはうらはらに、中途半端な連載終了を迎えてしまいました。当時の私も『三国志』自体をあまり知らなかったので、いまいちのめり込めなかった記憶があります。

しかし数年後、吉川英治の『三国志』を読むと、いきなりこの作品の評価が変わります。この歴史物語の概要を理解してから読み返すと「おもしれえ!」となるわけで。これ続いてたらすごい作品になってたんじゃないの? と、今さらながらあの中途半端な打ち切りがとてももったいなく思えてくるんですよ。

その後ゲーム等のメディアも手伝って、『三国志』は安定したコンテンツになるわけですが、そのクリエイターにビジュアル面で大きな影響を与えている作品なのではないかと思っています。『真三国無双』の趙雲なんてねえ、もうまんまですし(笑)。

 

 

つぎにすすむ

オレジャントップへもどる

トップへもどる