スクラム

1982(昭和57)年 第11号

 

1982年第11号スクラム

 

 

解    説

こせきこうじ作品の隠れた名作(と勝手に思っている)『スクラム』です。こせき作品の主人公は「山下たろー」を代表に、努力一筋ダメ人間キャラが多いのですが、この『スクラム』の主人公・千太郎は一風変わっていて、ビッグマウスの強気キャラです。ただそのビッグマウスを現実にするために努力するので、根底は一緒なんですけどね。

でもこの口の悪いキャラがなかなか良くて。試合には負けたけど、その努力が認められてみんなに称賛されるんですが、その優しさと自分の不甲斐なさのギャップが釣り合わず、結果泣いてしまうという(苦笑)。責められても絶対泣かないキャラが、人の温かさに涙してしまうシーンが子ども心(当時)に妙に印象深かったです。

 

 

つぎにすすむ

オレジャントップへもどる

トップへもどる