激!!極虎一家

1982(昭和57)年 第27号

 

1982年第27号激!!極虎一家

 

 

解    説

宮下あきら先生の初期の名作『激!!極虎一家』です。少年刑務所あがりの仲間たちが任侠一家を組織し、無軌道な社会害悪に対して破天荒な闘いをする、というマンガでした。

この作品はダブル主人公を採用しており、直情径行で人間味溢れる虎と、寡黙だが己の強い信念に従って生きる学帽政というタイプの違うキャラクターをうまく動かし、物語の幅を広げています。特に政の方は“男が憧れる男”であり、その切り札的な強さ・かっこよさにしびれた読者も多かったのではないでしょうか。

…しかし今回の話の悪役もひどい奴らだな(苦笑)。

 

 

つぎにすすむ

オレジャントップへもどる

トップへもどる