オレ流近況報告

 

過去の報告をみる

トップにもどる

  

 

 最近の私のお気に入り
・F1 ・星空観賞 ・キン肉マン ・サウナ
・ゲームセンターCX ・総合格闘技 ・バーチャルコンソール ・80年代アイドル
・コズミックフロント ・ギター ・ファミコンミニ ・中田敦彦のYouTube大学
 
2019年12月8日(日)
 amazonのセール。

 なんかいろいろありますよね。ついこの間“ブラックフライデー”というセールがあったと思ったら、今は“サイバーマンデー”というセールを行っているようです。

 …なんかな。なんか違和感を感じるんですね。というのもあまりにも連続すぎちゃって、この勢いだとそのうち“ハイパーチューズデー”とか、“ミラクルウェンズデー”なんてセールも出てきたりして、そのうち年中○○セールを開催することになっちゃうんじゃないかな、なんて(笑)。

 そうなるとセールのありがたみがなくなっちゃって、セールがデフォルトになってしまい、セール価格が通常価格になっちゃうのかな、という、わけのわからん想像をしたりしてます。

 

 

 

 

 
2019年12月27日(金)
 付き添いで、いわゆる大学病院に行ってきました。

 幸運なことに、こういった施設に今までほぼ縁がありませんでした。完全にドラマの世界の空間です(苦笑)。ただ今回そんな空間に触れる機会がありました。そこで感じたのは「病人ってこんなに多いのか」という驚きです。

 高齢化社会で医療・福祉費が爆上がりなのは知っていましたが、それを十分納得させられるほどの目の前の現実。医師にかかる負担も半端ないし、患者と医者の数量的バランスが確実に釣り合っていない。このような大病院では、診察を受けるのに一日がかりだということもわかりました。コアな診察はせいぜい10分なのに、それに至るまでの待ち時間、調剤待ち時間がかかりすぎる。時間の無駄さ加減が尋常ではありません。その時間を自分の好きなことに使えれば、どんなに有効的か。当然診察代もバカにならないし、時間的、金銭的に無駄の極致だと思いました。

 そんな感想を得、あらためて強く思ったのは、可能な限りこのような空間のお世話にならない生き方をしたい、ということでした。つまり自己節制、自己防衛を可能な限り行い、病気になる確率を可能な限り下げる生活をすべきだということです。もっと自分を律して生活しないとダメだなあと。国民全員がこのような高い意識を持って日々を生活すれば、病人の数は確実に半減すると思います。そうなればもっと別のことに税金を回すことができる。もうこれは国民の義務なんじゃないかな、なんて思ったりもしますね。

 厳しい言い方をすると、そういった意識が薄く、好き放題、無節制で生活している人はペナルティがあってもいいくらいです。喫煙、過度の飲酒、過度の肥満など、自ら病気になる生活をしている人は健康保険の徴収額を増やしてもいいんじゃないのかな、とすら思います。逆にストイックに生活している人ほど徴収額が安い、みたいな。でないと不公平だし、自堕落な生活をしている人への気づきにもなりません。言い方はきついかもしれませんが、そんな不摂生で医療費が上がる要因を作っている人は、まわりに多大な迷惑をかけている、もしくは未来的にかける可能性が高いと自覚するべきだと思います。もっと社会意識を高く持ち、自分に厳しくなってほしいものです。

 なんて高飛車に意見を書きましたが、もちろん現在病院に通っている方は好きで通っているわけではないし、運悪く事故で通っている方もいます。どんなに節制していても、老化に伴ってどこかが悪くなるわけで、それは誰でも起こりうるリスクです。だから病人を否定するつもりはないんです。ただみんなで病人になる要素を可能な限り避けようと。それでも病気になったらそれは仕方ないです。堂々と税金を享受していいと思います。

 でもホント、ひとりひとりがもっと意識を高く持たないと、超高年齢化社会でこの国の財政、破綻しますよ。

  

過去の報告をみる

トップにもどる