オレ流近況報告

 

過去の報告をみる

トップにもどる

  

 

 最近の私のお気に入り
・F1 ・星空観賞 ・キン肉マン ・サウナ
・ゲームセンターCX ・総合格闘技 ・バーチャルコンソール ・80年代アイドル
・コズミックフロント ・ギター ・ファミコンミニ ・中田敦彦のYouTube大学
 
2019年10月11日(金)
 山本尚貴、F1デビュー。

 ホンダのドライバーで、スーパーフォーミュラやスーパーGPというカテゴリーで優勝してきた山本尚貴が、日本グランプリのFP1でデビューです。FP1というのは「フリープラクティクス」のことで、要はマシンのセッティングやタイヤの摩耗等を調べる練習時間のことです。この時間を利用して、各チームが次世代のレーサーとして目をかけているドライバーに、経験を積ませるわけです。

 ですので、レース本番でのデビューではないのですが、彼が小林可夢偉以来、日本人F1ドライバーとして4年ぶりにF1のステージに立ったというのはとても心踊る意義深いことだと思います。やっぱりねえ、日本人ドライバー欲しいですよ。ナショナリズムですけど、観戦がもっと盛り上がるので。なんとかね、レギュラードライバーのポジションを勝ち取って欲しいですね。

 しかもこの山本さん、外見や物腰、立ち振る舞いがものすごく柔らかい。100人が見れば100人とも「あ、この人絶対いい人だ」と思うオーラを出しています(笑)。チームの中でも相当好かれるんじゃないかな。そんな雰囲気もね、応援したくなるところなんですけど。ただ勝負の世界なので、その優しすぎるところが逆にマイナスになってしまうのでは、なんて心配しちゃうくらいです(苦笑)。

 で、結果は飛び抜けたタイムを出したわけではないのですが、チームメイトとほぼ同タイムということで合格点だと思います。これからも少しずつこのような機会を勝ち取り、日本人ファンを楽しませてほしいですね。

 

 

 

 

 
2019年10月15日(火)
 『メガドライブミニ』購入です。

 『ファミコンミニ』『スーパーファミコンミニ』『ファミコンミニ(ジャンプ版)』に続き、これ系統4台目です。出る度に買ってる感じですね(苦笑)。同列の『プレイステーションクラシック』『NEOGEOミニ』はハード的に思い入れがないので購入していませんが、それでも買いすぎだろう(笑)。もうね、“80年代ホイホイ商法”にがっつり釣られている感じですよ。

 で、今回の『メガドライブミニ』ですが、タイトル数はなんと40タイトル。ぶっちゃけ遊びつくせません。先輩のミニハード3種も、まだまだ遊びつくせていないというのに…。もはや老後に取っておくか、くらいの覚悟で購入していますよ。HDMIケーブル、その頃まだ健在かな? なくなったとしても、変換アダプターがあることを祈るのみです。

 
▲コントローラーは大きいです   ▲ファミコンミニと比べるとこんな感じ

 個人的に興味深かったのが、追加ラインナップされている『ダライアス』です。これ、『テトリス』と並んで新作なんですよ。当時のアーケードゲームを、メガドライブに移植した体での新作です。なかなか味なことしますよね〜。た〜だ過去のソフトを並べているだけではなくて、一手間かけているこの姿勢に好印象です。ちなみに『ダライアス』はイージーモードでクリアできました。任意セーブとロードを繰り返して(笑)。ゲーセンに置いてあったときは、実力が伴わないので、とてもじゃないけど手が出せなかったゲームなだけに、ちょっと感動です。さすがに3画面並びではないけど、ノスタルジー溢れる時間でした。

 さて、次に控えるは『PCエンジンミニ』ですね。これも…買っちゃうと思います。はい(笑)。

 

2019年10月24日(木)
 『まだ結婚できない男』安定のおもしろさ。

 13年前に放送された『結婚できない男』の続編です。あれから干支が一回りしてしまったことに驚愕ですが(苦笑)、あの独特のキャラクターの復帰に懐かしい気持ちでいっぱいです。前作も相当面白かったのですが、今作も初回からかなり楽しいです。

 前作の関係キャラはある程度引き継がれるも、女性陣はほぼ一新。主人公の阿部寛のまわりにはまたもやいろいろな女性が現れることに。それだけに前作で思いを告げた女医(夏川結衣)との関係がどうやってなくなってしまったのかも気になるところです。第一話でちょこっとだけ情報があったのですが、おいおいもっと詳しくわかっていくのでしょうかね。

 しかしまあ、阿部寛はこの役にドハマりですよね。偏屈で理屈屋で皮肉屋な、ちょっと変なキャラクターなんですけど、こういったのが妙に合う(笑)。テレビに向かって「また余計な一言を言っちゃったよ」と突っ込んでしまう自分がいます。前作で心の友となったパグ犬も、代替わりして登場し、のどかな日常を演出するアクセントとなっています。

 ほんとに肩がこらないドラマなので、気楽に観られるところも気に入っています。楽しいなあ。

  

過去の報告をみる

トップにもどる