オレ流近況報告

 

過去の報告をみる

トップにもどる

  

 

 最近の私のお気に入り
・F1 ・星空観賞 ・キン肉マン ・家電量販店
・ゲームセンターCX ・総合格闘技 ・バーチャルコンソール ・80年代アイドル
・コズミックフロント ・ギター ・ファミコンミニ  
 
2019年2月17日(日)
 JR東日本 キン肉マンスタンプラリー チェックポイント紹介B

 引き続き先日まわった駅を紹介していきます。

駅名 目白

駅員のパフォーマンス・メッセージ 目白駅もラーメンマンのように、強さのなかにも熱い心を持った情熱で皆様をお待ちしています。
ミニラくんからの一言 残虐超人だったのに、成長したなあ。
 
駅名 高田馬場

駅員のパフォーマンス・メッセージ まさに高田「馬」場にふさわしいキャラクターかと思います。
ミニラくんからの一言 金を使って仲間を集めたのがセコい。
 
駅名 新宿

駅員のパフォーマンス・メッセージ キン肉マンのお面をつけた職員。筋肉はいつだって裏切らない。ゴー、マッスル!
ミニラくんからの一言 戦闘が始まると、なんで顔だけで出てくるのかが不思議。
 
駅名 代々木

駅員のパフォーマンス・メッセージ このスタンプラリーでの活躍にスペシャルマンの名誉がかかっている! 国辱と言われた汚名を晴らし、雪辱を果たせスペシャルマン!! 代々木駅は、スペシャルマンを応援しています。
ミニラくんからの一言 テリーマンと仲良しなのが意外だった。

 続く。

 

 

 

 

 
2019年2月5日(火)
 JR東日本 キン肉マンスタンプラリーに参加してきました。

 実はこの企画のことは全然知らなかったのですが、親切な方が教えてくださいました。ミニラくん(男の子・小3)もどっぷりと『キン肉マン』にハマっていることを思うに、これは参加せずにはいられません(笑)。スタンプ設置駅は総数63駅。よ〜し、これは相手にとって不足なしだぜ(笑)。

 そんな感じで勇んで朝8時から参戦。気合入りすぎ(笑)。まずは1日乗り降り可能なフリー切符を購入。そして駅構内に山ほど置いてあるスタンプ帳をゲット。栄えある第一スタンプ駅は…赤羽。鎮座します超人は…ウルフマン! ここを皮切りにスタンプを押しまくります。

 ただ63ものスタンプがあるので、効率よく押さなければ数は稼げません。そうすると、時間切れで好きなキャラを押せない可能性があるというジレンマが。では好きなキャラだけを厳選してスタンプすると、効率が悪くて数が稼げないというジレンマが。今回は効率を重視しつつ、親子二人で「こいつは外せない」というキャラを2名ずつ出し合い、計4名は好きなキャラを最低でもゲットする、という作戦にしました。ちなみに私は「ミスターカーメン」と「ウォーズマン」を選出。ミニラくんは「与作」と「中野さん」を選出。彼が選んだキャラに超人が一人もいないことが少々気になりますが(笑)、この4名を入れつつ、日没までに可能な数のスタンプをゲットしてきました。

 ちなみに各駅にあてがわれた超人のうち数人は、その駅と強い関連性があったり、トンチが利いてその駅にあてがわれたりしています。例を挙げると

超人名

駅名

理由

キン肉マン 王子 キン肉星の“王子”だから
ロビンマスク 上野 不忍池で闘ったから
カナディアンマン 水道橋 後楽園球場を持ち上げたから
サンシャイン 池袋 サンシャインシティがあるから
ステカセキング 秋葉原 電化製品だから
カレクック 神田 カレーの街だから
キン肉マンゼブラ 高田馬場 馬つながり
中野さん 中野 名前が一緒だから

こんな感じでマニアをニヤっとさせる配置が。一番馬鹿馬鹿しかったのが十条駅の魔雲天です。理由は「十条駅、じゅうじょうえき、じゅうどうえき、じゅうどうぎ、柔道着」という強引変換からだそうです(笑)。それ以外の駅では、駅職員が希望を1〜8まで書いて、JR内で抽選があったようです。だから「なんでコイツがうちの駅に?」なんてのも多かったようですね(笑)。

 で、一駅着いては降りてスタンプ、一駅着いては降りてスタンプを繰り返しました。山の手線はスパンが短いので、降りてスタンプを押してホームに戻ったら、ちょうど次の電車が到着、なんてパターンが多かったですね。とても効率的です。ただ階段の上り下りが多く、けっこう足がパンパンになりました。お子さん連れの方々も多く、賑わいをみせていましたが、はたしてどこまで子どもたちがキン肉マンを理解しているのか疑問です。どちらかというと付き添いのお父さんの方がやりたがっているのかな? なんて家族も。でも明らかに興味がない母親をせっついてスタンプを押しているちびっ子もいたので、彼はリアルファンなんだろうな(笑)。ちなみにうちのミニラくんはガチ中のガチファンに成長しています(苦笑)。

 さて、マストスタンプキャラとして選んだウォーズマンとミスターカーメンは、山の手線北ブロックの駒込駅と新宿駅でしたので、あっさりとクリアしました。日本一の乗客数を誇る、天下の新宿駅にあのミスターカーメンが選ばれたのは感慨深いです。ぶっちゃけ「いいの? あの新宿がカーメンで?」と思いましたが、不遇超人にもめぐってきた日の目を大事にしたいと思います(笑)。ちなみに他の家族も同様の動きをすることが多いので、3〜4駅同じメンツがスタンプに溢れるという現象も多かったです。「あの家族、またいるよ」みたいな。向こうもそう思ってたんだろうけど(笑)。

 新宿で中野さんを取りに行こうかと思ったのですが、ミニラくんが特別コラボグルメである東京駅グランスタ“まい泉”のカツ丼「トリプルミートくん」をどうしても食べたい、というので、進路を東に。総武線界隈をゲットしつつ、東京駅に向かいます。限定30食なので無理かもな…と思っていたのですが、ちょうど2個残っていたという奇跡的展開。おいしくいただきました。また、東京駅では期間限定のグッズショップもありましたよ。

 そのあとマストスタンプキャラである与作を新日本橋でゲットし、進路を山の手線南へ。東京モノレールは悩みました。羽田空港まで行くと時間のロスが激しい。ですのでスカイマンはあきらめ、天王洲アイルのモンゴルマンのみゲット。そしてまた浜松町に戻り、品川から蒲田へ。蒲田は悪魔将軍なので一応押さえておきたい。その時点で午後3時前です。おやつ休憩を挟み、山の手線を渋谷方面へ北上。代々木から総武線に乗り換え、マストスタンプキャラである中野さんを中野でゲットしたのが夕方5時。ここでタイムリミットとしました。

 ゲットしたキャラの総数は42。なんとか3分の2はゲットしました。でもこれ1日だとコンプリートはきついですね。シルバーマンなんて取手ですから。始発からはじめれば、なんとか景品引き換え時間内に東京駅までいけるかな? いや、けっこう微妙だな。とにかくボリューム満点であったことは特筆事項ですね。

 あと駅ごとに個性的な演出をしているのが面白かったです。渋谷駅なんてキン肉ハウスがあったし、恵比寿ではペットボトルのフタでつくったモザイクのスグルが。キン肉マン世代のJR職員さんが、「これおもしろいから作ろうぜ」とノリノリで作ってくれたことを想像すると、とても微笑ましいです。みんなキン肉マン大好きなんだなあって。ちなみにミニラくんが一番気に入った駅は、チエノワマン有する五反田駅でした。スタンプ場所までの道案内の掲示がかわいかったからだそうです。たしかにあれはかわいかったな。

 7駅制覇で賞品がもらえるので、ライトに楽しんでも大丈夫です。でもはじめると欲がでてきますよ(苦笑)。2月27日までやっているので、まだの方はぜひご参加を。

 

2019年2月9日(土)
 YAMAHAのChord Trackerすごいっす。

 iOS用のアプリなんですけど、iPhone/iPod touch/iPad 内にある曲のコード進行を自動解析・表示し、コードを使った演奏、練習をサポートするアプリなんです。これがあれば…書店や楽器屋で売っているスコアブックを購入する必要がほぼなくなります。もちろん本格的にコピーバンドをやろうとかいうのであれば必要ですが、個人でギターをジャカジャカやる程度だったら本当に不要です。

 しかも恐ろしいことに、このアプリ、無料なんです。これをやられたら、楽譜出版業界は大痛手なのではないでしょうか。もちろん今までもWeb上でフリーのコード掲載サイトがあったので、すでに痛手だったと思うんですが…とどめを刺されたかな、って感じで。

 このアプリのすごいところは、個人所有の音楽データが全部コード化できるということです。たまにあるじゃないですか、この曲を弾きたいのに、コード掲載サイトに載ってない、みたいなこと。特にメジャーではない、隠れた名曲みたいなのがその傾向にあるんですが。

 でもこれがあれば、その悩みや不満は一挙に解決なんです。自分の端末にその音楽データさえあれば、アプリが楽曲をスキャンして、コード表を提示してくれる。しかもタブ譜もリアルタイムで図示されるし、コード表は自動スクロール。音階の変更、テンポの変更、集中して練習したい場所を指定した繰り返し再生も可能。ちなみに曲をスキャン・解析する時間は1曲につき5秒程度というはやさです。

 これは便利すぎます。一昔前だったら考えられない技術ですよ。でも自力で耳コピするという努力がなくなるということでもあるんだよな。昔の自分に「ぬるいな」と言われそうです(苦笑)。

 

2019年2月10日(日)
 JR東日本 キン肉マンスタンプラリー チェックポイント紹介@

 先日まわった駅を紹介していきます。各駅個性的で面白いですよ。

駅名 赤羽

駅員のパフォーマンス・メッセージ 土俵入りのパフォーマンス。女性職員にも無理強いしているところがややパワハラか(笑)。
ミニラくんからの一言 なんで3回も死んでるんだ?
 
駅名 東十条

駅員のパフォーマンス・メッセージ お手製の“池から半分露出したロビンマスク”
ミニラくんからの一言 戦略がセコいな。
 
駅名 王子

駅員のパフォーマンス・メッセージ “火事場のクソ力”を振り絞った駅員の顔芸
ミニラくんからの一言 昔のようにドジなところももう少し見たいな。
 
駅名 田端

駅員のパフォーマンス・メッセージ ドクターボンベのように、縁の下の力持ちになりたい。
ミニラくんからの一言 カメハメと仲良かったのが驚いた。

 続く。

 

2019年2月11日(月)
 JR東日本 キン肉マンスタンプラリー チェックポイント紹介A

 引き続き先日まわった駅を紹介していきます。各駅個性的で面白いですよ。

駅名 駒込

駅員のパフォーマンス・メッセージ 連載開始当時には生まれていなかった職員が半数以上ですが、ファンになった人が多いです。
ミニラくんからの一言 マンモスマンに対して弱すぎる。
 
駅名 巣鴨

駅員のパフォーマンス・メッセージ お手製コスプレ職員からの“次鋒!レオパルドン、ここです!”
ミニラくんからの一言 とにかく弱い!
 
駅名 大塚

駅員のパフォーマンス・メッセージ バイク好きな職員が多く、バイクマンが選ばれて喜んでいます。
ミニラくんからの一言 エンジンくっついているから人間じゃない。
 
駅名 池袋

駅員のパフォーマンス・メッセージ サンシャイン60の前でポーズをとる職員。意外にも関節技に弱いのがカワイイところ。
ミニラくんからの一言 人間に負けるなんて弱い。

 続く。

 

2019年2月16日(土)
 いよいよ動き出してきました。

 恒例のF1ニューマシンのお披露目が続々と実施されています。今年のカラーリングはどんな感じになるのか、というのがいつも楽しみです。カラフルで見ていて楽しいです。

 もっと細かいことを言えば、各チームの細かいエアロ等のデザインも注目なのですが、やはりカラーリングに一番目がいってしまいますね。花形ですから。でも本当にコアなファンは、フラップ1枚の角度や形状の違いを探して、それがどうエアロダイナミクスに影響を与えるのか、なぜチームはそういう形状にしたのか等の予想をして楽しんでいるようです。私はまだこの域には達していませんが(苦笑)。もちろん各チームがライバルの模倣を警戒して、重要なパーツは昨年パーツで代用して発表、ということもあるので、実際にこの形状でいくかどうかはよくわからんところもあります。でも企業秘密の徹底ぶりはすごいですよね。

 それをさらに押し進めると、カラーリングでも錯視を引き起こさせる幾何学デザインを施し、ライバルチームに簡単に図面を起こさせないような防御をするチームもあったりします。レッドブルは毎年そんな感じで、今回発表のカラーリングもそれに則った、この発表会限定カラーです。でもいつも「公式カラーリングよりこっちの方がいい!」という意見が多いです(苦笑)。それだけにレアカラーリングとして価値が高いです。今回はスパイダーマンみたいな感じですよね(笑)。ザウバー改め、アルファロメオも同様に限定カラーです。トレードマークである四つ葉のクローバーを、ハートマークとあわせて細かく散りばめた、トランプ模様のカラーリングです。これもマシンデザインがよくわからないようなカモフラージュですね。

 

レッドブル

 

アルファロメオ

 ベストドレッサーとして巷の評価が高いのが、トロロッソです。レッドブル缶のカラーリングをそのまま機体にデザインした色合いですが、鮮やかなイタリアンブルーと格調高いシルバー、そしてビビッドなレッドのバランスが素晴らしいです。昨年と変化はあまりないですが、個人的には一番好きかな。

 大きくカラーリングが変更されたのが、ハースとウィリアムズです。両チームとも、メインのタイトルスポンサーが変わり、そのコーポレートカラーを前面に押し出しています。特にハースのブラック&ゴールドは、昔のロータスをイメージさせるカラーリングで、こちらも個人的には大好きです。懸命に「ロータスのパクリじゃない」とチームは言い張っていますが、まあ共通性を否定するのは不可能ですよね(苦笑)。ウィリアムズもホワイトに鮮やかなライトブルーがさわやかでいい感じです。

   

トロロッソ

 

ハース

 

ウィリアムズ

 メルセデスはいつものシルバーとネオングリーンなんですが、個人的にはホイールに施したネオングリーンサークルがビビッドで好きです。でもエンジンカバーにはこれでもかというくらいのスリーポインテッドスターが。ちょっとバッグ等にありがちなロゴマークちりばめ攻撃ですね。マクラーレンもそんなに変わらないですね。ブルーの面積が少し増えたのかな? デザインとして▲形を使ったナンバーやエンジンカバーまわりのブルーが売りっぽいですが、個人的にはミツウロコに見えてしまいます(笑)。

 

メルセデス

 

マクラーレン

 ルノーは…昨年との違いがわからないな。レージングポイント(旧フォースインディア)は、もう一つのスポンサーのブルーが入って、逆にとっちらかっちゃったイメージがありますね。フェラーリはマットレッドとグレーのコラボです。個人的にはあまり興味を引きません。というか、フェラーリのカラーリングは基本的にピンとこないんですよね。昔のホワイトとグリーンの差し色が入った、イタリア国旗パターンの方が好きです。

   

ルノー

 

レーシングポイント

 

フェラーリ

 そして来週からいよいよバルセロナでのテスト走行が始まります。新しいシャシー、新しいエンジンで、各チームがどのような挙動をするのがとても楽しみです。今年こそはホンダエンジン、私にいい思いをさせておくれ(笑)。

  

過去の報告をみる

トップにもどる