オレ流近況報告

 

過去の報告をみる

トップにもどる

  

 

 最近の私のお気に入り
・F1 ・星空観賞 ・キン肉マン ・家電量販店
・ゲームセンターCX ・総合格闘技 ・バーチャルコンソール ・80年代アイドル
・コズミックフロント ・ギター    
 
2018年6月8日(金)
 会社では年一回、健康診断があります。

 私は職務上、それを企画して社員に通知し、最終的な健診結果を受け取って個人に配布する立場なのですが、その健診結果を渡すときになかなか面白い光景を見ることができます。

 というのも、人間年を重ねていくにしたがって、その結果通知を見るのが怖い人が増えてくるからです。それらの人々にとっては、肥満を代表とする、よろしくない数値を明確に認識させられてしまうイベントと化すわけです。

 それが顕著に現れる層が、中年期の女性パートさんたちで、私が健診結果の入っている封筒を持っていくと、「来たぁ」とか、「開けるのが怖いぃ」といったような、学生でいえばテストの返却時、もしくは通知表の返却時を髣髴とさせる“ザワザワ”を感じることができます(苦笑)。それくらい皆さん、身に覚えのある生活を送ってきたのでしょうね(笑)。

 ですんで私は健診結果を返すときには、「テスト返すぞぉ〜」といって返してあげることにしています(笑)。

 

 

 

 

 
2018年6月15日(金)
 子どもが自分の机で勉強してくれません。

 我が家にはビリケンさま(小6・女の子)とミニラくん(小3・男の子)という二人の子どもがいるのですが、専用の学習机を用意してあげているのに、そこで勉強をまったくしてくれません。彼らは基本、リビングの長机でテレビを目の前にし、座椅子に座って勉強するのです。

 個人的には“リビング学習”もありだと思っていました。だから専用の机を買わなくてもいいかな、とさえ考えていた時期もあります。しかしいざ子どもが小学生になると、やはり学習机くらい買ってあげないとかわいそうかな? と思い、購入したのです。その時は子どももテンションが上がって喜んでくれていました。

 しかしその学習机は本棚と物置という、ただの収納家具と化してしまいました。そして結果的には“ありかな”と思っていたリビング学習になっていると。だから別にそのスタイルで勉強してくれてもいいっちゃいいんですが、せっかく買ったんだから机も使ってよ、という気分にもなるもんで。

 そんな姉貴を見ていたからなのか、弟くんまでそれにならってリビング学習ですよ。机ほったらかし(苦笑)。微妙にむなしさを覚える父親でした。

 

2018年6月20日(水)
 サッカーW杯ロシア大会、日本初戦勝利。

 格上のコロンビア相手でしたから、まあ金星ですよね。引き分けでも上出来だと言われていただけに、これは嬉しいサプライズです。開始数分で相手のハンド、レッドカード退場、PK獲得、11人対10人って、宝くじが当たったようなもんですよ(笑)。香川選手がPKでやらかさないか心配でしたが、ここはきっちりと決めてくれました。プレッシャーすごかったろうな。

 とはいえ。とはいえですよ。人数的に有利になったのにもかかわらず、追加点を取るのに時間かかり過ぎですよね。えらそうなことを言って申し訳ないのですが、素人目に見ても、前半であと2点は取れましたよ。決定的瞬間がありましたもん。でもね〜、ゴールネットを揺らさないですねえ。このあたりの決定力不足が日本は昔から弱くて、なんでこの状態でゴールの枠を外すの? というシュートが多いこと。

 それにひきかえ、トップチームのストライカーは、そういったチャンスを確実に決めてくる。そんなイメージが強いです。だからこそ強いのだろうと、素人なりに感じますね。もし「決定的瞬間のゴールゲット率」なんて数値があったら、国ごとに面白い結果が出てくるのではないかと思います。ですんで、そういうチャンスを確実にモノにする選手が数多く揃う日を願っています。

 

2018年6月23日(土)
 ホンダ、レッドブルとワークス契約。レッドブル・ホンダ誕生。

 来ましたねー。F1で3強のひとつであるレッドブルへのパワーユニット供給ですよ、ホンダ。2015年〜2017年までのマクラーレンとのワークス体制では、「クソエンジンだ!」とさんざんこき下ろされての契約解除をくらい、日本人としてはいたくプライドを傷つけられたのですが、今年はトロロッソとワークス体制を組み、いいステップアップをここまで果たしていました。マクラーレンと違ってトロロッソはホンダの働きぶりに対してものすごく好意的で、かなり気持ちよくワークス体制を維持している感じです。リスペクトがあるんですよね、ホンダに対して。

 ただこのトロロッソはレッドブルのいわゆる Bチームであり、いってみりゃ2軍チームなわけです。この2軍チームとの実績を数ヶ月モニタリングし、親チームであるレッドブル陣営が「合格」と判断したんですね。これで来年からホンダはトップチームとタッグを組むという名誉を勝ち取ったわけですが、それ以上に大きなプレッシャーも抱え込んだともいえます。レッドブルは常勝を目標としているチームで、それゆえエンジンサプライヤーに対しても厳しい注文をつけることで有名です。下手するとマクラーレンよりもシビアな関係性を迫られる可能性があり、担当者は胃に穴があくかもしれません(苦笑)

 でもレッドブルの、F1界ではナンバーワンといえる優れたシャシーにホンダパワーユニットが搭載された時、どのような融合となるのか楽しみでもあります。優勝を争えるマシンになることを期待しています。

 

2018年6月29日(金)
 ロシアW杯、日本決勝トーナメント進出もおかしな感じ。

 最終目標をどこに置くか、求めるべき結果をどこに据えるか、というのを「決勝トーナメント進出」とするのならば、見事に結果を出したといえるでしょう。どんな手段を使っても結果を出す、遊びじゃねえんだ、という執念ともいえるでしょうか。

 しかしそのプロセスは、かなり異質な空間と空気を生み出してしまいました。複雑に絡み合った決勝トーナメント進出の条件がそういったものを生み出したともいえますが、最後の10分くらいは真剣勝負中なのに動きを極力少なくしてゲームをせず、時間の経過を両チームが示し合わせたかのように待つという、今まで見たことがないような光景が出現しました。

 時間稼ぎ、というのは今までも普通にとられた戦術ですが、今回これを異質たらしめていたのが
・負けているチームが率先して時間稼ぎを始めた
・勝っているチームもそれにのっかった
・日本はイエローカードが増えるのを恐れて動かなくなった
という点です。よって、試合途中から両チームが八百長を黙認したような形になってしまいました。

 これができてしまう条件に、別会場で行われていたコロンビアVSセネガルの試合でコロンビアが1点差で勝っている、というものがありました。この状態が続く限り、日本も現状維持できれば決勝トーナメント進出ができてしまうため、安全策をとってしまったのです。ただこれはかなり他力本願な博打であることは間違いがなく、セネガルが追いついたらどうすんだよ? と誰もがやきもきした気持ちになったと思うんですよね。私もそうでした。

 それ以前にそんな試合をしてまで決勝に進みたいのか、という批判もあるでしょう。その姿勢に情けなさを感じてしまうのもわかります。特にサッカー少年たちには見せたくない光景ですよね。でもきれい事いってんじゃねえ、という価値観の人もいるでしょう。正直いって、私は両方の気持ちがあります。下策ではありましたが、やはり決勝トーナメント進出はしてほしいし。

 ですんで、これはFIFAがルールを変更した方がいい問題のような気がしますね。個人的には他会場の途中経過がわからないように工夫してみては? と思います。まあこの情報過多世界では難しいかもしれませんが。あとは…柔道のような“教育的指導”ですかね(苦笑)。とにかく何か対策を講じた方がいいと思いました。なんとかね、決勝トーナメントではスッキリした試合をしてほしいですね。

 

2018年6月30日(土)
 ファミコンクラシックミニ、届きました。

 昨年発売されて爆発的人気を博し、品切れ状態だったものの再販です。昨年は様子見かな…と思い、発売日にはスルーをしたのですが、まさかこんなに品薄アイテムになるとは思わなかった(苦笑)。手に入らないとなると欲しくなるもので、今回の再販情報を得るやポチってしまいました(笑)。

 前回見送った要因としては、ソフトラインナップにそこまで魅力的を感じなかったこと(ちょっと古すぎるものが多い)、バーチャルコンソールでもなんとかなりそうだったこと、が上げられます。また、コントローラーの小ささもちょっと嫌でした。でもスーパーファミコンミニを購入し、思いのほか取扱の手軽なところや場所を取らないところが気に入り、コレクターズアイテムとしてはありだと思い購入しました。

 まだそんなにいじっていないのですが、ひとつ残念な点が。それは…スーパーファミコンミニにあった、巻き戻しプレイができない! あれ便利だったんですよ。ミスってもそのちょっと前からやり直しができる、ものすごく社会人ゲーマーに優しいシステム(笑)だったんです。当然ファミコンクラシックミニでもできると思っていたのに…できませんでした。任意セーブはできるんですけどね。それだけでも十分だろ、とは思うのですが、巻き戻しプレイの便利さを一度味わってしまうと…(苦笑)。

 コントローラーの小ささは違和感がありますが、慣れればなんとかなるかな? 子どもたちは『マリオブラザーズ』の2人同時プレイでゲラゲラ笑いながら遊んでいます(笑)。いい光景です。できればこれに追加ソフトをアドオンできればいいんだけどなあ。無理だろうなあ。

 そして。来週末にはファミコンクラシックミニの少年ジャンプ特別バージョンが届きます。こちらも楽しみです。また報告しますのでお楽しみに。

  

過去の報告をみる

トップにもどる