オレ流近況報告

 

過去の報告をみる

トップにもどる

  

 

 最近の私のお気に入り
・F1 ・星空観賞 ・キン肉マン ・家電量販店
・ゲームセンターCX ・総合格闘技 ・バーチャルコンソール ・80年代アイドル
・コズミックフロント ・ギター    
 
2017年6月5日(月)
 『おんな城主 直虎』おもしろい。

 柴崎コウ扮する女性城主・井伊直虎の生涯を描いた大河ドラマです。戦国物でありながら女性リーダーの話ということで、殺伐さはマイルドな感じで抑えつつ、どちらかというと男ばかりの会社の社長にひょんなことから就任してしまった女社長の奮闘を描くコメディ物に仕上がっている感じです。

 男社会に異質な女性リーダーが誕生し、なんやかんや否定されながらも女性らしい視点と機転で問題を解決し、徐々に慕ってくる仲間が増えつつ認められていく、というパターンなんですが、彼女の必死さに周りの男連中がほっとけなくなるという女性ならではの武器なりカリスマ性が見ていて面白いし、共感を得てしまいます。

 さらに女性が主人公ということでラブコメ要素もあり、このあたり非常に少女マンガチックだなあと感じてしまいます。いってみりゃ男だらけの逆ハーレム状態で周りにいる男連中をトリコにし、幾人かの特別なイケメンとは惚れたはれたのロマンスが語られるわけだから、完全にラブコメ大河です。でもそれがいい(笑)。

 前作の『真田丸』も三谷幸喜の脚本ということでコメディ感あふれる台詞回しが楽しかったですが、今回もなかなかです。このまま少女マンガもしくはアンジェリーク路線でいけば女性の視聴者層も多く取り込めそうですしね。期待しています。

 

 

 

 

 
2017年6月8日(木)
 健康診断に行ってきました。

 会社で定期的に行われるやつです。最近はメタボ検診というやつで、腹囲を測る検査があります。ここで測定士さんに

「それでは息を吸って〜吐いてください」

と言われ、吐いた状態の腹囲をメジャーで測られるんですね。ただいつも迷うのが、呼吸って大まかに言って2種類あるじゃないですか。吸ったらお腹がへこんで吐いたら膨らむパターンと、その逆のパターンです。測定士の方ははたしてどちらを求めているのかなあ? と疑問に思ってしまうんです。やり方いかんで数値が大きく変わるような気がするんですよ。吐いてお腹がへこむ呼吸の方が当然腹囲は少なくなると思うんですよ。

 胃の検診でも同様です。「吸って〜、はい止めて」みたいな要求をされるのですが、上記の呼吸の仕方の違いで胃が膨らむ場合と収縮する場合があるわけで。技師はどちらを求めてるのだろう。

 …どっちでもいいのかな(苦笑)?

 

2017年6月14日(水)
 ギターを毎日弾いてます。

 2月に弦を張り替えて以来、ほぼ毎日ギターをさわってます。初めて練習しだしたのが15、6年前なのですが、そのときよりもさわる頻度が高いかも(苦笑)。もちろん人様の前で演奏できるほどのクオリティではないので、あくまで自己満足の範疇なんですけどね。ただ自分的にはコードを押さえるのも慣れてきたし、少しは早くなった気がします。気のせいかな(笑)?

 動画でもいろいろな人が演奏をアップしているので、弾きたいと思ったけどうまく弾けない曲をどうやって弾いているのか研究できたりもします。便利な世の中ですね。でも動きが早すぎてわからないことも多いです(苦笑)。あんなに自由自在に弾けたら楽しいだろうなあとうらやましくもなります。

 まさに40の手習いですが、自分のペースで練習していきます。

 

2017年6月17日(土)
 マクラーレン・ホンダがやばい。

 F1チームのマクラーレンとホンダがタッグを組んで、80年代後半のようにてっぺんとってやろうぜ! 的なコラボだったんだけど、ホンダのエンジンがしょぼすぎて超低空飛行が続いています。

 プロジェクトは3年目、もう「先行メーカーに追いつくには少し時間がかかるので大目に見てね」という甘えは許されない状況にきています。このプロジェクトに夢と希望を抱いてチームにやってきた、F1界でもナンバーワンのドライバーといわれているフェルナンド・アロンソも、まったく勝てない、速くならない、完走できないエンジンにフラストレーションが溜まりまくり、最近のレース後の行動はややヤケクソな感じです。エンジンブローをでリタイアした後に、観客席になだれ込んでもみくちゃにされるファンサービスをしたり(苦笑)。「もういい加減にしてくれよ!」って感じなんでしょうね。

 ここまでくるとホンダに対する業界の悪口がオブラートに包まれなくなり、かなりキツい当たりになっています。国内メーカーが罵倒されるのはやはり悲しいものです。おかしいな、技術の日本じゃなかったのかな。このままではホンダ、ブランドイメージを下げるだけになってしまいます。

 かといって撤退してしまうと日本がF1に関わることが皆無になってしまうので、それも寂しい。来年はマクラーレンから三行半をたたきつけれる可能性もあるので、もしそうなった場合来年のエンジン供給が決まっているザウバーだけしかF1との接点がなくなっちゃう。もしそうなったらザウバーを応援するっきゃないんだけどね。お金ないからな、アソコ(苦笑)。マクラーレンと比べて開発スピードは雲泥の差です。つまりホンダは来年も弱小チームになるということです。

 そんなわけで、なんとか夏休み前までに希望の持てるアップデートを確立して、せめて来年はマクラーレン、ザウバーの2チーム供給体制を実現したく。お願いしますよ。

 

2017年6月23日(金)
 プチダイエットをしてみました。

 昨年くらいから体重がじりじりと上昇傾向にあり、「食べても太らない」という私の神話が崩れてきました(苦笑)。マックスで66キロまで到達し(もちろん自分史上最高体重)、スラックスのウエストがきつい、という中年にありがちな光景がついに自分にも訪れてしまいました。

 もちろん身長(181センチ)からすればまだまだ標準体重以下なのですが、おなか周りにはいらないお肉が増えているのが自覚できる状況です。標準体重以下だから大丈夫と余裕ぶっこいていたら、あっという間にメタボ、なんてことも考えられるので、ここでストップをかけるべきだと思い、人生初のダイエットをしてみました。

 いろいろ調べると、年齢と共に基礎代謝が下がっていくのが大きな原因だと思いました。ようは食ったカロリーを自然消費する能力が低下した、ということです。ということは、摂取カロリーを今までよりも減らすことが必要だということです。また、筋肉がつけば基礎代謝が上がるらしいので、やはり運動も必要と。簡単にいえば@食う量減らしてA運動しろよ、ってことです。当たり前の結論に至りました(笑)。

 で、私がとった行動は、@に対しては「昼飯抜いちゃえ」でした。朝と晩をしっかり食べれば、昼はなくてもそこまで健康を損なうことはないと判断しました。現に昔の人は昼飯の習慣がなかったようですし。で、実際トライすると、けっこう厳しかったです(苦笑)。すげえ腹減るんですよ。でも乗り越えるとなんとかなりますね。もしくはせんべい1枚とかクッキー1枚とかでもゆっくりと噛んで腹に入れれば耐えやすいです。また、夕飯時におかわりはしないように心がけました。

 運動は柔軟と腹筋を30回ほど、1日おきくらいで続けました。あとゴルフの練習を少々。そして腹式呼吸を意識して行うようにもしました。ロングブレスダイエットじゃないけど、代謝を高める効果があるようです。

 結果、3キロマイナスの63キロまで戻りました。現在はこの値を保っています。ウエストのきつさも解消しました。理論を実践すると、きちんと体は応えるんだなあとしみじみと感じましたね。物理・化学の法則ってホントなんだなあと思いました。

 これ以上やると痩せすぎなので、もう止めときます。でも筋力増強は続けたいと思います。筋肉つけば腹いっぱい飯食っても大丈夫そうなんで(笑)。

  

過去の報告をみる

トップにもどる