オレ流近況報告

 

過去の報告をみる

トップにもどる

  

 

 最近の私のお気に入り
・F1 ・星空観賞 ・キン肉マン ・家電量販店
・ゲームセンターCX ・総合格闘技 ・バーチャルコンソール ・80年代アイドル
・コズミックフロント ・ギター    
 
2014年4月22日(土)
 MRIを受けてきました。

 前回報告したように、膝が痛いので念のためMRIで検査しよう、ということになったわけです。初体験です。ドラマでは何度も観たことがあるんですけどね。例の体内をスライスして観られるやつです。

 検査器は強力な磁力が作用すると言うことで、金属はすべてNGです。結婚指輪も一時外しました。でも歯の詰めものは特に指摘されませんでした。いいのかな?

 準備をしたあと、診察台に横になります。そして患部である右膝を固定し、検査開始。20分くらいかかる上、足の指すら動かさないで、との指示でした。簡単に言えば体内スキャニングなわけで、対象物が動けば画像がぶれる=失敗という図式です。当たり前と言っちゃ当たり前なんですが。

 あとけっこう音がうるさいとのことで、ヘッドホンをつけられ、音楽を流されました。耳栓代わりなのでしょう。そんな装備をした上で実際に機器が作動し始めました。たしかに…音がうるさい。ビービーといったブザー的な音や、ガガガガ…といった工事中のような音が鳴っては切れ、鳴っては切れ、という状態です。ヘッドホンからクラシックが流れているんですが、それを通り越して普通に聞こえてきます(苦笑)。

 ある程度たつと数ミリ診察台がガシャンと動きます。これがスライスなのでしょう。包丁を数ミリずらした状態です。そしてまたうるさい音が続き、また診察台がスライド。体を動かしてはいけないので、足がかゆくてもガマンです(笑)。これを繰り返して20〜30分で終了しました。後半は半分ウトウトしていましたが(笑)。

 ハイテク検査の結果、膝痛の原因は「老化」だとわかりました。老化…抗いがたい原因です。半月板に細かい亀裂があるようで、これが角度によっては痛みを誘発するそうです。簡単に言えば消耗品の経年劣化です。これは治ることがないとのことなので(泣)、筋トレでカバーしてくださいとのことでした。

 診察代は保険適用で6,600円。こんだけの予算と時間をかけて、科学的に自身の老化を確認するという情けない結果となりました(苦笑)。とほほ。

 

 

 

 

 
2014年4月1日(土)
 ドラクエV報告。

 2月からファミコン版のドラクエVに着手したのですが、やっと中ボスともいえるバラモスを撃破しました。今のところ順調です。攻略サイトをふんだんに利用しているので(笑)。

 しかしやってみると、内容をほとんど忘れているという事実がわかります。あんなに夢中になってプレイしたのに、こんな町あったっけ? 状態だったり(苦笑)。あ、遊び人がレベル20になると、悟りの書なしでいきなり賢者になれる、というのは覚えていました。強烈なインパクトだったので。でもかしこさがあまりよくない下地での転職なので、MPの伸び具合があまりかんばしくないですけど。

 あと別世界がアレフガルドであることはさすがに覚えていましたよ。これ忘れたら相当なもんですよ(笑)。T、Uに結果つながるVのこの設定はちょっと感動しましたもんね。よくできてるな〜っ! なんて。オレ、勇者ロトだったんだ、みたいな。ホント、美しい物語の展開でしたよ。芸術的ですらあると思います。

 このまま順調にいけばあと1、2ヶ月でクリアできるかな? そのあとは…調子に乗ってWをプレイしようかな(笑)。

 

2014年4月8日(土)
 病院に行ってきました。

 原因不明で膝が痛くなってきたので、地元の整形外科で看てもらったのですが、骨には異常がなく、紹介状をいただいて総合病院に行ってきたのです。

 ありがたいことに私は今まで大病を患ったことがなく、ぶっちゃけ総合病院というものに縁がなかった人間です。2年前に腰がどうにも痛くて行ったことはありますが、それくらいですかね。ですんで、総合病院というものに慣れていなく、システム的にも初めての体験に近いものがありました。

 総合病院に対する個人的なイメージは、とにかく混雑していて待たされる、というものです。ですんで、30分、1時間で帰してくれるとは思っていなかったのですが、ホントにそうでした(苦笑)。8時半から受付をし、待つこと40分。明らかに自分より後に来た人がどんどん診察されている中「忘れられているのかな?」とか「予約等の人が多いのかな?」なんて思いつつじっと待っていると、診察室に呼び出されました。そのあとレントゲンを撮るというので待ち、呼ばれてレントゲンを撮り、そのレントゲンの結果を教えてもらうために待ち、再度診察を受け…ってな感じで、解放されたのは11時半過ぎでした…都合3時間か。これが総合病院の常識なんだろうなあ。時間の無駄感がハンパない…。

 診察の結果、MRIを撮らないとわからない、とのことで、再来週MRIを受けます。これも初体験です。次回は時間を予約したので、もう少し早く帰れると思うんですけどね。病院に通う必要がないということは、こんなにも幸せなことだったんですね。

 ちなみにレントゲン技師のお姉さんは明らかに研修中の方で、先輩の指導を受けつつ実地をしていました。レントゲンだから別に構わないけど、手術だったら不安なことこの上ないな(笑)。まあ誰しもこういった通過点がないと専門家にはなれないんですけどね。

  

過去の報告をみる

トップにもどる