オレ流近況報告

 

過去の報告をみる

トップにもどる

  

 

 最近の私のお気に入り
・F1 ・星空観賞 ・キン肉マン ・家電量販店
・ゲームセンターCX ・総合格闘技 ・バーチャルコンソール ・80年代アイドル
・コズミックフロント      
 
2017年1月2日(月)
 新年あけましておめでとうございます。

 今年もよろしくお願いします。毎年書いていますが、今年こそ閉塞感から抜け出したような、笑いの止まらない世の中になるよう願っています。

 年末年始の休みを使い「オレ流ジャンプアゲイン」のEPUB化がすべて完了いたしました。フラッシュプレイヤーベースのコンテンツだったので、時代にあった形式にシコシコと変換していたんですよ。ただ過去に公開したコンテンツが多くて結構難儀しました。一括変換できるようなプログラミング技術があればよかったのですが、そんなものはないので(苦笑)。努力と根性でやりきりました。

 でもまた新しい表示形式がメジャーになったら作りなおさなくちゃいけないんだよな、と思うとぞっとします(苦笑)。つーかそろそろフロントページでサイト作りすること自体が難しくなるんだろうな。これだけのページ数を新しいソフトで調整するとか考えたくない…htmlで作っているから基本大丈夫なはずなんだけどね。

 

 

 

 

 
2017年1月4日(水)
 ミニラくん(小1・男の子)、『ゲームセンターCX』に興味を持つ。

 やっぱり血は争えないのかな。HDレコーダーに録画されていたやつを勝手に観て、面白いと思ったようです。貧弱なグラフィックのレトロゲームでも、その動きややられたときのアクション等がつぼのようで、ゲラゲラ笑ってます。

 戸棚にしまってあるファミコンを取り出し、ソフトを「フッフッ」とやったあと「かちょ〜オン!」とかいってマネ事までしています(苦笑)。有野課長の名前も覚えたようで、何かにつけては「ありのかちょー」と言っています。

 ただ笑えるのが「よこ 有野」とか「よこ 有野」とか言ってるんですよね。「ゐ」が読めないから(笑)。ちょっとかわいいです。

 

2017年1月7日(土)
 会社の先輩の矢部さん(男性)はさし歯をしているのですが、最近してないことが多いです。
オレ「…どうしてさし歯しないんですか?」
   
矢部「う〜ん、なんかね。しっくりこないというか」
   
オレ「でも営業するときにはマイナス面が大きいんじゃないですか? コントキャラみたいになっちゃうし」
   
矢部「それが利点もあるんだよ」
   
オレ「え? 例えばどのような?」
   
矢部「クレーム処理時に役立つんだよ。実は」
   
オレ「?? どういうことですか?」
   
矢部「さし歯なしで謝罪に行くと、向こうはそれが気になって説教の圧力が弱まるんだよ」
   
オレ「それは…いまだかつて誰も気づかなかった営業テクニックですね…」
   
矢部「だろ?」(会心の笑み)

 矢部さん、オンリーワンです(笑)。

 

2017年1月9日(月)
 『ドラクエU』、難しいな。

 なんとなしにファミコン版の『ドラクエU』をやり直してるんですが、いろいろとバランスが悪くて難しいです。基本的にはよくできたゲームだと思うのですが、プレイしていると辛いことが多いとあらためて感じます。最近のユーザーフレンドリー過ぎるゲームに慣れきってしまったことも一因だと思いますが、根本的に硬派なシステムであることは間違いないと思います。

 バランスが悪いと感じる点をいくつかあげると、まずお金が貯まるのが遅いです。もしくは武器や防具の金額設定が高いのか。どちらにしろ、装備品を整えるのがかなりしんどいですね。あと少しでお金が貯まる…ってときに全滅して半額になったりして(苦笑)。心が折れることしきりです。

 あとサマルトリアの王子が弱すぎる。最強装備がはやぶさの剣もしくは鉄の槍って厳しすぎます。特にはやぶさの剣は終盤にならないと手に入らないので、かなり初期に装備した鉄の槍をずっと使うことになります…飽きるし、敵がどんどん強くなるのにこちらの攻撃力が足踏みというのが辛い。鎧や盾もほとんど装備できないし、攻撃魔法はベキラマからかなり長い間進化なし。やっとザラキを覚えたと思ったら、ロンダルキアの敵にはほとんど通用しないし。

 ムーンブルクの王女もかなりみそっかすです。MPを節約しようとするとやることがなくなってしまい、戦闘中は防御ばかりという時期があります。バギ以降の攻撃呪文がイオナズンまでないというのも、サマルトリアの王子の鉄の槍状態とかぶります。あと防御力が弱すぎるので、集中攻撃で即死の危険性も高いです。

 すばやさも敵の方が基本速いというのも戦闘を劣勢にさせる要因となっており、戦闘するたびにストレスをかかえるのがスタンダード(苦笑)。緊張感ある命がけの闘いが続くという、ある種リアルなRPGともいえるのですが、胃がキリキリした状態が続くのもちょっと疲れます。

 敵のエンカウントも多いですね。遠出をするときにイライラすることが多いです。マップを自力で作成しながらプレイした人は、相当苦労したはずです。ロンダルギアの洞窟とか本当にしんどいもんな。今でこそ攻略サイトを観ながら効率よくプレイできるけど、当時は何度も落とし穴に落ちてはマップに印をつけて、やっとのことで階段にたどりついたりしてたもんな。一歩あるくとくさったしたいにエンカウントする階もあったな。今回もかなりイライラしました(苦笑)。

 そして今日やっとロンダルキアの台地に到着しました。が、敵が強い(泣)。よく当時こんなバランスのゲームを投げださないでクリアしたな、と思いますよ。いかずちの杖を売ってお金を楽に貯める裏技とか知らなかったから、力の盾なんてサマルトリアの王子しか持ってなかったのに。ふっかつの呪文も何回か失敗したこともあったのに。それだけにクリアしたときの充実感ってのはハンパなかったんですけどね。やっぱりイライラしても続けたい、先が見たいというシナリオに魅了されたのかなあ。

 あと少し、がんばってクリアしよっと。

 

2017年1月16日(月)
 『ドラクエU』、クリアできました。

 ロンダルキア台地に巣食うえげつない敵をかいくぐり、怒涛のボス5連戦になんとか勝利。無事エンディングを観ることができました。何年ぶりだろ? 軽く四半世紀は空いているかも(笑)。レベルは主人公が28でした。ちなみにアバカムとパルプンテは未修得。いわゆる『はかぶさの剣』のバグは当然利用させていただきました。このあたりが情けない(苦笑)。

 でもロンダルキアの敵は本当に気が抜けないです。レベルが上がると少し余裕がでるのですが、気を抜くとすぐに全滅と隣り合わせ。ブリザードのザラキで画面が赤くなり、ギガンテスの痛恨で画面が赤くなり、デビルロードのメガンテで赤くなる(笑)。ザオリクをやっと覚えたサマルトリアが面白いように死ぬ。意味ね〜、みたいな(笑)。ムーンブルクはイオナズンを覚えてやや戦力アップしますが、確実にヒットしない。とにかく戦闘は緊張の連続で、ある意味本当のロールプレイ。でもこの敵にはこの呪文、こいつにはこれ、みたいな対処法がきちんとあるので、そこは根底がドラクエかな、と。でもその対処法がスカされると一気に劣勢になるのでヒリヒリします。

 ボス5連戦はアトラスに一度ムーンブルクが昇天させられただけで、残りはいうほどピンチではありませんでした。やはり『はかぶさの剣』の恩恵が効いています。エンディングは故郷ローレシアの王様(親父)に話しかけると始まるのですが、それまでは全世界を回れるので、オリンピックメダリストのパレードのごとく、称賛を浴びまくるツアーができます(笑)。ま、めんどくさいのでしませんでしたけど。でも初回プレイ時はあらゆるところに行った覚えがあります。「ボクをもっと褒めて!」って(笑)。

 最大52文字のパスワード入力はしんどかったですが、後半は大分慣れました。高校生の頃のスピードには敵いませんが。あのときは早かった(笑)。でも入力時のBGMの心地よさは、入力のめんどくささを少し緩和する力があると、改めて感じました。すぎやまこういちすごい。

 …もう少しだけレベル上げプレイしようかな。

 

2017年1月20日(金)
 バルテリ・ボッタス、メルセデスのドライバーに。

 2016年度F1チャンピオンのニコ・ロズベルグが電撃引退を発表して以来、後任が誰になるのか注目の的だったのですが、ウィリアムズのドライバーだったボッタスが就任。まあ予想の範囲内に収まった感じです。

 何といってもチャンピオンチームの、最速のクルマの席が突然空いたわけですから、業界は騒然となりました。やれアロンソが座るだ、ベッテルが座るだ、いやいや育成ドライバーのウェーレインだよ、なんて話題が飛び交ったわけです。その候補の中にボッタスもいて、メルセデスのマネージングディレクターと深いパイプをもつアドバンテージで最速のクルマを手にしました。

 ウィリアムズで表彰台に何回か立ち、もともと評価が高かったドライバーだけに悪くない選択だと思います。そうなるとボッタスが抜けたウィリアムズのシートに誰が座るかですが…引退を表明したマッサが引退撤回して座ることが決まったようです。これも仰天です。ちょっとバツが悪いよなあ(苦笑)。あの最後のレースの感動を返してくれって感じだし(笑)。

 ま、シューマッハも引退後また復活した例もあるし、いいのかな。でも正直プロレスラーの引退撤回に近いイメージをもっちゃうな、どうしても。

  

過去の報告をみる

トップにもどる